台風と地震 | 奈良県古民家再生協会ブログ

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会


テーマ:

台風の被害、皆さんのところは大丈夫でしたか。

「雨漏れがしている」

「屋根の瓦が飛んだ」

「テラスの屋根(波板)が飛んだ」

「土塀が倒れた」

仕事柄このような連絡が多々ありました。

 

テラスの屋根や波板というのは基本的に本体がが壊れないよう

に波板やパネルが外れるようになっています。

あまり頑丈に取り付けると本体ごと壊れてしまいます。

あの強風ではある程度仕方ないことだと思います。

 

雨漏れはあってはいけないことですが、強風にあおられると

雨が真横や斜め下から吹き上げることがあります。

家は基本的に上から落ちてくる雨に対しての防水は確かですが、

下から吹き上げる雨に対しては無防備な面があります。

 

屋根の瓦は、いまでは防災瓦が主流で桟葺き(土が載っていない)

の上に釘やビスで固定されているので強風で平瓦が飛ぶことはなく

なりましたが、昔ながらの土葺きの瓦は飛ばされることがあります。

今回の台風では、棟部分が飛んでしまっているのが多かったです。

高くなっているので風を受けやすかったのでしょう。

件数が多いので、復旧に時間がかかりそうです。

大阪では以前の震災時の復旧も済んでいない状態でこの台風です

から、復旧にはかなり時間がかかりそうです。

 

土塀が倒れるというのは、相当な風だったのでしょう。

人的被害がなくてよかったです。

 

住宅の場合は個人的な被害にとどまりますが、道路や河川といった

交通網はいろんな面で障害となります。

 

そこへ、今朝から北海道で大きな地震が起きました。

こちらは台風の被害どころではないことでしょう。

災害復旧の終わっていないところが全国各地にあります。

そこへ立て続けに災害が起きてはとても間に合うものではありません。

今年はもうこれ以上、地震や台風は起きてほしくないですね。

奈良というところは災害の少ない地域ですが、それでも感じるのですから

震災や水害にあわれた地域の方には本当にお見舞い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

中西 直己さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス