床下の調査 | 奈良県古民家再生協会ブログ

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会


テーマ:

築50年くらいの家の調査に来ています。

築50年くらいの家は、伝統工法と在来工法の境目

くらいになるようで、どちらで施工されているかわか

らないことがあります。

以前にリフォームさせてもらった家は、布基礎が

外周部だけ施工されていたり、東面と西面だけ

布基礎があったりします。

今回の家は、間仕切りに沿って布基礎がありました。

部分的に土台に相当する部材をコンクリートの独立

基礎で支えているところもあります。

束石も不揃いですが、かなり大きな石が使ってあります。

庭石を転用したのでしょうか。

大きな人通口があるのですが、幅が広いのですが高さ

が足りません。

通過するときに体が詰まりそうになりました。

以前、床下診断で使ったモーグルですが、やっぱりこの

ほうが現代的ですね。

昔は床下に少しくらいもぐっても平気でしたが、少々つら

くなりました。

中西 直己さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス