古民家の断熱施工 | 奈良県古民家再生協会ブログ

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会


テーマ:

古民家のリフォームをしています。

リフォームといえば、その目的は使いづらくなった間取りを

変更したり、古くなった設備を取り換えたり、劣化した部分

を新しくするのが本来の目的です。

メンテしてあげることで家が長持ちします。

そこへ今までになかった耐震性や断熱性を加えて付加価値

を上げてやるのが家にとっても住む人にとってもいいことです。

古民家といえば、暗くて寒いというイメージがあります。

実際そのような家が多いです。

「夏を旨とすべし」で造られている家がほとんどです。

しかし、今の生活の様式に合わせようとすれば断熱性は欠か

せません。

そして当たり前のように天井裏や壁に断熱材を施工するので

すが、改めて考えてみると家に合わない施工です。

断熱材を施工するようにはできていないということです。

壁などは土壁ですから、厚みのある断熱材を施工しようとすれ

ば壁がかなり厚くなりますし、土壁を取るわけにもいきません。

壁の断熱施工は理想を言えばやはり外断熱でしょうね。

その方が土壁の長所が生かされます。

しかし、施工費がかさみます。

天井はやはりこれしかないかもしれません。

断熱材の種類を変えても効果は同じです。

中西 直己さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス