左官の壁の仕上げ どれくらいの仕上げにするのか | 奈良県古民家再生協会ブログ

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会


テーマ:

古民家の改修をしています。

古民家といえば壁はほとんど土壁です。

仕上げは大体、漆喰か聚楽になりますが、

どれくらいの手間がかかるかがわかりにくいです。

見積なしで施工というわけにはいきません。

 

職人さんに診てもらっても「はっきり言えない」というの

が正直なところのようです。

何回下地をすれば仕上げられるのか、また仕上げの

程度にもよります。

何度も抑えればしれだけきれいに仕上がりますが、いくら

でも手間をかければいいというものでもありません。

下地も土壁のままのところもあれば新しく石膏ボードで

下地を作るところもあります。

 

屋根の漆喰などもそうです。

面戸といわれる部分、今ある漆喰をはがして塗り替えるだけ

で済むこともあれば漆喰をはがして見ると下地の土も一緒に

取れてしまいこともあります。

 

どれくらいの仕上げにするかの判断は難しいです。

中西 直己さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。