いろんな小屋組み | 奈良県古民家再生協会ブログ

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会


テーマ:

小屋の丸太梁です。

松の丸太だと思いますが、表皮をはいだだけの状態で

使われています。

昔の家にはよくあります。

製材していない状態です。

中には「チョウナ」といって短い柄の先に刃物がついた道具で

表面を削って仕上げていることもあります。

上の写真のように単純な組み方をしていることもあれば

このように曲がった木材を使ったり、梁を斜めにかけて作られて

いることもあります。

難しかっただろうと思いますが、昔の大工さんにとっては大した

ことはなかったのかもしれません。

こんな小屋組みを見せてもらったこともあります。

現存していて実際にまだ住まわれています。

伝建地区の展示会場みたいです。

中西 直己さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス