和瓦、日本人が考え出したもの | 奈良県古民家再生協会ブログ

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会


テーマ:

屋根の葺き替えです。

築60年くらいですが、このような家は雨漏れは大敵です。

雨漏れさえ防いでおけばかなり長持ちしてくれます。

築100年くらいの家もあるくらいですが、一般的には60年

くらいです。

例のごとく、土葺きから桟葺きに変えています。

瓦屋根はそれ自体大変長持ちしますが、それだけに

葺き替えるとなると工事費もかかります。

また、維持管理も面戸や雀口の補修が必要になります。

ルーフィングも今はいろんな種類があります。

遮熱と通気を備えたルーフィングです。

和瓦、日本瓦、和形といろんな呼び方がありますが、

正式名称は「J形瓦」というそうです。

JapaneseのJです。

瓦は昔からありますが、瓦の技術は朝鮮から伝わった

とされています。

そして昔の瓦は、神社・仏閣で使われている「本葺き瓦」

といわれるもので、これが朝鮮から伝わったものです。

あの丸い瓦が流れ方向に並んでいるのがそうです。

今でも、蔵に使われている葺き方です。

ですから、今のあの波打った形の瓦は日本人が考え出

したものです。

 

私は法隆寺の近くに住んでいるのですが、言わずと知れた

風致地区です。

法隆寺の風致地区では屋根は和瓦を指定されます。

和瓦のあの甍の形が重要なんだそうです。

あと、外壁の板張りも縦貼りが指定されます。

 

 

 

 

 

中西 直己さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス