厨子2階のリフォーム | 奈良県古民家再生協会ブログ

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会


テーマ:

断熱の施工です。

厨子2階ですから天井は低く作られています。

屋根の面の下に天井の下地をしてその上の断熱の施工を

してもいいのですが、天井が低くなってしまうので屋根の面

に断熱を施工しています。

この場合、屋根の面と断熱材との間に隙間がないので断熱

上はやや不利です。

やはり、断熱材と屋根面との間には通気層があったほうが

断熱の効果はあります。

床下にも施工していますが、これは断熱と防音を兼ねて

います。

基本断熱材は部屋の外周を隙間なく包むことが大事ですが、

この下は部屋になっています。

下の部屋が断熱されていない場合は、部屋単位で断熱する

という方法もあります。

しかし、外壁が土壁なので断熱・気密はあまり期待できません。

中西 直己さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス