通り土間の建具の思い出 | 奈良県古民家再生協会ブログ

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会


テーマ:

リフォームの打合せをさせていただいている古民家

の勝手口です。

勝手口と言っての通り土間の先にある裏にある出口

です。

私の実家も同じようなつくりでこのような建具がつい

ていました。

 

この勝手口にはちょっとした思い出があります。

小学校の頃だったと思いますが、大きな台風が奈良県

を襲ったことがあります。

木製の雨戸を閉じて廻った覚えがあります。

しかし、この勝手口には雨戸がありませんでした。

夜になって風がだんだんと強くなってきました。

北風が特に強かったのか、強風に押されてこの建具が

内側に膨らんできました。

父と二人で内側から木で突っ張りをしに行ったのですが、

写真のように上半分はガラスです。

今にもガラスが砕け散りそうでこわごわ木で支えをした

ことを今でも鮮明に覚えています。

よく割れずに持ったものだと思います。

こちらは以前にリフォームさせてもらった家での勝手口の

板戸です。

古民家ですからアルミサッシというわけにもいかず木製

建具を造りました。

これなら少々の強風でも怖くはないです。

中西 直己さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス