リフォームの事前調査 | 奈良県古民家再生協会ブログ

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会


テーマ:

古民家と言われるような、築50年以上経過した家に行く

とほとんどと言っていいくらい竈があったであろうところは

リフォームされています。

当時、流行った新建材やクロスで壁や天井が覆われて

いて、床も造られています。

煙返しと言われた大きな梁が残っていればまだ構造的に

は大丈夫ですが、その梁があると床は土間からほとんど

上げることはできません。

今の人では頭が支えてしまいます。

思い切って梁を外してしまって床を造っていることもあります。

 

今ではこのような家をリフォームとなると壁や天井を覆って

いるボードやプリントパネルを取ってほしいとなります。

しかし、このボードやパネルを取った時、以前の構造材が

どうなっているかはわかりません。

いきなり解体するわけにもいきませんが、今回は許可を得て

部分的に天井を壊すことになりました。

意外なほどきれいな構造材が残っています。

リフォーム時に痛められたような跡はありません。

2階の床板の裏もきれいなものです。

しかし、中には表しにしてほしいと言われている屋根裏が

こんなふうになっていることもあります。

何とかなりそうですが、細い丸太の垂木が使われています。

土葺きの瓦屋根だからなんとかなったのでしょう。

 

 

中西 直己さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス