現場は今日まで | 奈良県古民家再生協会ブログ

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会


テーマ:

年末ですが、現場は今日まで動いてました。

なかなか予定通りにはいかないものですが、現場にはつきものでしょうか。

しかし、今年もこれといった事故もなく無事に終えることができました。

家造りは同じことの繰り返しのようで、全く同じ家はありません。

その現場ごとに仕様や仕上げに違いがあります。

その度に収まり具合を検討する必要があります。

今年は、造作の収納に手違いがあって2回ほど作り直しをしました。

 

設計の段階でわかっていたことが図面に正確に表されていなかった

ことが原因ですが、設計と現場監督、現場監督とそれを造る職人さん

それぞれの認識違いもあります。

職人さんにしてみればこの方がよりきれいに見えると思ってしたことが

結果的に寸法不足になったりといったことがありました。

 

施主さんの意向をいかに確実に伝えるか、肝心な有効寸法はどこで採

るか、社員間の打合せをもっと確実にしていかなければなりません。

人が増えれば増えるほど認識の違いが増えます。

誰しも間違いはあります。

私も見積間違いをします。

間違いは個人が注意すれば防げます。

認識の違いはどこで起きるかわかりません。

設計と現場監督が図面をすり合わせる時間をもっと創らなければなりません。

 

今年もあと1日となりました。

1年間お付き合いいただきありがとうございます。

良いお年をお迎えください。

 

中西 直己さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス