奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会


テーマ:

古民家ではありません。

新築の家です。

土台と大引の上に根太を打ち付けています。

この上に床板を貼ります。

床のつくり方は昔からこのようにされていましたが、

今では、この根太を使わない家が多くなりました。

大引や土台の上に直接合板を貼ってその上に床板を貼る方法です。

防蟻処理はどうするのかと思ったら床下に潜って施工します。

閉じ込められた床下で薬剤散布するというのも大変な仕事です。

断熱材は普通、床板のすぐ下に敷き込みますがこの家は基礎で断熱

しています。

屋根と断熱の施工が終わったところです。

構造材は地元の吉野の木を天然乾燥で大工さんが手刻みで加工しています。

この部分は昔からの伝統的な方法を取っています。

天然乾燥材は色や香りも違いますし、なにより材料自体が自然のままで粘り

があります。

これは刻んでいる大工さんが一番よく知っています。

この家はエアパス工法という断熱法の家です。

特徴としては壁や屋根の面を空気が流れています。

熱源は太陽の熱だけです。

壁の中に隠れてしまう構造材をできるだけ自然に近い状態に保つことができます。

古民家と言われる家が長持ちしているのは真壁で柱が露出しているからと言われます。

これと同じような状態にすることで家を長持ちさせることができます。

 

性能が求められる時代ですが、伝統的な工法でも性能は満たすことはできます。

それよりも長持ちすることが大事です。

ただ、長持ちするだけではなく永く住んでもらうことがもっと大事です。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

中西 直己さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。