奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会


テーマ:

リフォームの現場で解体中です。

土壁の家ですが、妻壁にはグラスウールの断熱材が入っています。

天井の面には断熱材はありませんでした。

また、小屋裏の換気を取るために換気口が付いています。

換気口のために部屋の内側が外とつながった状態になっていますから、室内空間は断熱されていない状態です。

これなら妻面に断熱材を入れずに天井に敷いておけば、室内空間は断熱区画になり小屋裏は外部とみなされるので良かったのですが、

施工した人は外壁に断熱材を入れておけばいいと判断したのでしょう。

おそらくこの家が建築された時代ではまだ断熱材の使い方がはっきりしていなかったのではないでしょうか。

私がこの業界に入ったころ、約30年ほど前になりますが、そのころから

やっと断熱材が普及し始めたのか、とにかく壁に詰め込んでおけばいいという感じでした。

まだ土壁の家がたくさん施工されていたような時代です。

断熱材の規定などは末端の職人さんには周知されていなかったのでしょう。

壁体内結露の原因になるというのが解ってきたのはその数年後だと思います。

雨漏れかと思われるようなシミが壁にできたこともあります。

開けてみると断熱材がベタベタに濡れて下のほうにずれ落ちている

ということもありました。

外壁は構造用合板が使われるようになり防水のためにジョイントはコーキング処理、内側は流行のビニールクロスですから、壁の中は

一旦結露を起こせば逃げ場がありません。

リフォームの仕事をしているとまだ断熱材が使われていない家もあります。その家のほうが構造材の状態がいいことがあります。

結露を起こしていない、解放された状態で使われてきたので腐朽がほとんどありません。

今では断熱材の不備などめったにありえませんが、使い方を間違えると効果もなければ場合によっては家を傷めてしまうものでもあります。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

中西 直己さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。