天井裏と荒壁 | 奈良県古民家再生協会ブログ

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会


テーマ:

リフォーム工事です。

天井を勾配天井に変えて梁を表しにする予定です。

しかし、この梁表しはやっぱっり天井を壊してみないとわからないもので、これからどう勾配をつけるか、どこまで見せるかで悩みます。

もともと表しにするようには造られていません。

スッキリ見せたいところですが、取れない部材もあります。

丸太を見せるだけのほうがいいかもしれません。

荒壁(土壁)の下地です。

短い藁のようなものが横に貼りつけてありますが、これは下に柱があるので土壁が割れないように「つなぎ」として藁スサを敷きこんでいるからです。見えないところですが、丁寧に仕事がされているようです。

スサというのはひび割れを防ぐために使われるもので「つなぎ」と言われます。

荒壁には藁を、塗壁の上塗りには麻や紙が使われます。

中西 直己さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス