瓦も人の手による加工が必要 | 奈良県古民家再生協会ブログ

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会


テーマ:

瓦を加工する道具です。

鑿のようなものとやすりのようなものですが、瓦にもこんな細工をする道具があるようです。

瓦は焼きものですから、成形品と言っても微妙なふくらみや曲がりがあるようで、鑿のような道具を使って削っています。

仮並べをして通りを見ています。

これから本番となります。

単純に瓦をそのまま並べて終わりように思っていたのですが、こんな微妙な調整が必要なんですね。

特にこのような庇ではそうなのかもしれません。

 

中西 直己さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス