塗壁の下地 | 奈良県古民家再生協会ブログ

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会


テーマ:

左官屋さんが漆喰の下地を作っています。

リフォームで壁のクロスを貼りかえたり、漆喰や珪藻土を塗ったり

というのは普通にあります。

下地になる石膏ボードがしっかりしていればこれは可能です。

 

クロスの貼替の場合は、石膏ボードの表面の紙または以前に貼ってあったクロスの下地の紙が残っていれば基本何度でも貼替ができます。

しかし塗壁の場合は、以前に貼ってあったクロスの下地の紙が残っているとこの紙が水分を吸って剥がれてしまうことがあります。

ですから、基本左官屋さんはその下地に漆喰などの仕上げはしません。

既存のクロスの上から塗る漆喰もありますが、下地がビニールでは

本来の効果は期待できません。

漆喰を塗るというよりも塗装に近いものです。

今回は、下地の石膏ボードの紙も剥がしてセメント系の下地材で

下地を作って塗ることにしました。

リフォームで漆喰などの塗壁にする場合はやっぱり下地の石膏ボードを貼りかえるに越したことはなさそうです。

 

中西 直己さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス