信じあう心!

観に行ってきました、「武蔵」。

もう全てが栗さんでした(笑)
栗さんっぽさ満載=アームっぽさ満載の舞台。
ライスもいごしょもゆったり感もバースもそれぞれ目立っていたけど、やっぱり、ヤスが一番舞台の色にハマってましたね。
栗さんの求めていることなんて手に取るようにわかるんだろうな、と思うと、なんだか微笑ましかったです。
ま、求める以上の結果を叩き出した人(ゆったり感中村さん)もいましたが(笑)

関町さんが主役で、その周りを固めるように9期たちが演じていましたが、皆、目立ってました。
キャラが良すぎる。
アームの作るものってやっぱ基本的に楽しいんですよね。
ガチの風船割り対決なんて大笑いしましたよ(笑)
細かい掛け合いも面白くて笑いっぱなしでした。
ストレス解消になりました、ありがとうございました。

次回は栗さん脚本でガッツリ、アームストロング主演の舞台が見てみたいです。
本人は嫌でしょうけど(笑)

早く5月になれバカ!

テーマ:
と、毎日心の中で叫び続けた4月もあと3日。

やったね、自分…!

5月には楽しいライブが目白押し…とまでは言わないけど、まあまあるよ!
いや、4月もね、ツモルとか喋るとか歌うとかありますけど(全部福田なのはスルーしましょう)、今、一応、私、社会人一年生なんです。
仕事がないせっかくの土曜日に、
「…浅草まで行くのか。しかも細目で高音の上手いのか下手なのか微妙な奴の歌聴きに…」
という思いが頭をよぎって、チケット購入ボタンを押すことができない(←そこまでは進んでいる)ジレンマが…(苦悩)
許されるなら、ニートに戻りたい(許されません)

でも、5月の神保町には行かないわけにはいかない。
前回の「ぶす」と「アーモンドチョコレート」を逃した私にとっては、栗さん&安達さんが関わっている作品がものすごく気になっているんですね。
ええ、それはもう綾部の月9出演並みに激アツです。
…「綾部が月9」ってついこの間まで爆笑ワードだったのに現実になっちゃったな。
「綾部がハリウッド」も叶うかも。
あと、「又吉が芥川賞」とか(笑)

とにかく、早く来い来い!ゴールデンウィーク!な毎日ですが、発表になりましたね。
漫才の大会が。
結成期間を問わずにプロ限定ということがどれだけ恐ろしいか、考えれば考える程、ため息しか出ません。
だって。
ライセンスは?トータルは?歴代王者は?
M-1まであと一歩だった囲碁将棋やチーモンやゆったり感は?
アームは?LLRは?ブロキャスは?
そして、カナリアは?

でもね、出場するなら一番応援する人たちはもう決まってるんです。
きっとエントリーすると信じて、最後に叫ばせてください。


頑張れ!ラフコン!重パパとアホの子の漫才が年末に見たいばい!!

大福トーク10 4月5日

テーマ:
前半ばっかり詳しく書いてます。
後半のゲストトークは大幅に省略してます。
なぜなら、大福が面白すぎたから。
あいつら、本当すげぇ、くだらなすぎる(褒めてます)
本人たちも楽しそうでしたが、こっちもかなり笑いました。
以下、敬称略の覚書。






〈オープニング〉
・なぜか今回はテーブルの下にお茶のペットボトルが。
・それを発見できず焦る二人。
大「水不足の波がここまで来てる」
福田「これ(紙コップ)だけだったら絶対検尿でしょ」
・その後、大が無事発見。
福田「でもこの(お茶の)色もなんか検尿っぽいし」
大「ラーメンばっか食った時の小便の色だな」
福田「スープ飲み過ぎちゃって…って俺ら何の話してんすか」
大「楽屋でしろよ、って感じだな」
・開始三分で大福に来たと実感するやりとり(笑)



〈競艇〉
・福田は今日の昼間、競艇で9万負けていた。
大「9万まで負け続けるってなかなかクレイジー」
・その様子をネットで随時見ていた大。
大「うわっ、こいつここに8000円かけるなんて、とかね。あ、俺は全然関係ないんすよ。ただ動向を追ってるだけで。ウイルスバスターの仕事してる人みたいなことをしてた」
福田「それ、ウイルスの方ですよ」
・いちいち福田が賭ける度に結果を追っていたから、自分ではF1の選手をピットから見守るコーチ気分だった大。
・大は前に、競艇で、賭けてたボートが信じられないクラッシュの仕方をして負けたことがある。
福田「神様が大さんの為に仕向けたとしか思えない転倒の仕方」
・そんな奇跡の負け方をした大の元に中須から電話が。
・大→福田と同じように中須→大も、大の動向をずっと見ていた。
中須「負けたなぁ~ガハハハハ」
・汚ねぇダミ声で大の負けを嬉しがる中須。
福田「人の不幸大好きだから」



〈大阪帰り〉
・大阪まで、8期生たちと一緒に車で行っていた大福。
・道中、7時間びっちり怒濤のミニコントタイムだった。

・ミニコント1:「軍隊」
これから戦地に向かう軍隊の乗るトラックという設定。
大福は悪役キャラ。
・大→殺してきた人間の耳たぶでネックレスを作っているヤベー奴。
・福田→「戦場に女いねーのかなー」と言いながら香水をふる女好きのチャラい奴。
・玉城さんは妻の写真をじっと見つめる寡黙な男役、主人公は宮平さんで彼の日記目線で話が展開していき、キヨちゃんは戦場で人殺しを目撃してしまったショックで喋れない役。
・なので、お約束の、
福田「お~い、なんでお前喋んねーんだよ」
キヨちゃん「…」
大「おい、やめろ!こいつは…戦場で人が殺されたのを見てから、口がきけないんだ!」
福田「…!そうだったのか…」
というくだりもきっちりこなす。
・元パイロットの運転手(本当に運転してる)役にかたつむり林さん。物語のスパイス的存在。

・コント2:「家族愛」
ちょうど橋を走っている間にやっていたコント。
・大がお父さんで、福田がお母さん。キヨちゃんはまた喋れない設定の息子(笑)
・息子(キヨちゃん)がまだ小さい時に同じ橋に来たときはキャッキャ騒いでいた。でも今は口がきけない息子。寂しさを口にするお父さん(大)とそれを慰めるお母さん(福田)。しかし、ふとした瞬間、声が。
福田「え…あなた今喋ってないわよね?」
大「あ、ああ…」
大福「「まさか…!」」
・この感動のシーンでキヨちゃんが言った衝撃の一言。
キヨちゃん「お…お…さ…か…」
・普通そこは「お母さん」とか「お父さん」なのに、まさかの地名をぶちこまれた。
福田「チョイスよ!」

・コント3:「面接」
チーフ福田と面接官大に面接されるキヨちゃん。
・福田は声が小さくて耳が聞こえないキャラ。大だけはなぜか福田の言っていることがわかる。聞き取れなくて「はい?」と返すキヨちゃんに、
大「あ、面接なんで「は?」とかじゃなくて質問に答えてくださいね」

・コント4:「インタビュー」
豆腐屋の頑固親父福田にインタビューしに来る芸人キヨちゃんとカメラマン大。
・何を聞いても福田が全然取り合ってくれず、キヨちゃんが修行させられる、というくだりを三時間はやっていた。

・総合して、
福田「多分、キヨちゃん、俺らの5倍疲れてますよ」
・他にも、強盗コントや、どこに連れていかれるかわからずに謎の車に乗せられたという設定でコントをした。
福田「お、おい、見ろよ、あれ、自転車に乗ってるの人間じゃないぞ!」
大「…!ゴリラだ!ゴリラが自転車に乗っている!」←「猿の惑星」パロ
・そんなことばっかりやりながら盛り上がって大阪を往復した大福。
・とにかく楽しかったので、そういうツアーをやりたい。
・国会議事堂前とかにバスを止めて、ミニコントをやる。バスから音響も出して。
・福田が今日、いいともを見ていたら、水○あさみがドラマの現場でミニコントをやっていると言っていた。
福田「呼んでやりましょうよ。かなり本格的になりますよ」
大「お前、どうすんだよ。ゴリラとかのくだりついてこれねぇよ、きっと」



〈地震〉
・大阪は同じ日本なのに東京と街の活気が全然違っていた。
・まず街が明るい。
大「俺、目つぶれたもん」
福田「俺なんてただでさえこうなのに、目開けらんないから何にも見えなかった」
・大阪の街を盲目状態で歩いたと主張する二人。
大「でも、ラーメンは三食食った」

・福田は地震を心配して母ちゃんに「気を付けろよ」とメールを送った。
・それに対する母からの返信:「は~いv」
福田「あいつ、なめてますよ」

・地震の影響でライブもなかなかやりづらい。何かしたい、と思っても何百億とか寄付できる金もない。だから、明るく笑いを届けたい。
大「俺らなんてチワワ…犬と一緒なんだから、皆に可愛がられてさ」
福田「今なんでチワワ代表にしちゃったんですか」

・宇多田をフォローしている福田。あるツイートに感心した。でもそれは、宇多田クラスだから言えること。
福田「俺らなんて不謹慎なことしか言わないんだから」

・放射能の話。
大さんは全然水道水をガブガブ飲んでる。
大「むしろ、水飲み過ぎて15センチくらいでかくなっちゃうかもしれない」
・水を飲んで巨大化していくミニコントをする二人。
福田「あ、大さん、無限大踏んでますよ~」
大「あ~見えてなかった~」
・くだらなすぎる。
福田「大体なんで、でかくなっていく過程でわざわざ渋谷で会わなきゃいけない」
・放射能の話が出た時、福田は関町さんら東京出身の芸人同士で会議をした。
・自分たちは東京に実家があるから、どこにも行くところがない。もういっそのこと放射能なんて気にしないで堂々と暮らそう、と約束して解散。
・次の日会ったら、全員が服を鼻の下までズルズルに上げてた。
・それを見て、「ズルいわよ!」と抗議した奴姉さん(笑)

・次に大きな地震が東京で起きたら二人で集合場所を決めておこう。
大「どこがいい?」
福田「うーん…わかりました、浅草花月にしましょう」
大「遠いわ!」
・浅○光代の剣劇で待ち合わせをしようと提案する福田。

・大が爆笑した浅○さんの舞台の話。
・浅○さんは足が悪いので、もう殺陣の激しい動きはできない。だから、敵役の役者の方から浅○さんがただ持ってるだけの刀に斬りつけられにいく。
大「直立不動で立ってるだけで10人くらい殺してんだから、超能力者だよ」



〈健康〉
・大阪に行って、地方の夜の過ごし方に困った二人。
・結局、東京に何でもあるから、地方で何をすればいいのかわからない。店が閉まるのも早いし。
福田「夜の沖縄なんて吉祥寺と一緒ですよ」
・沖縄出身のお客様がいらっしゃったので聞いてみる。
福田「沖縄って夜、吉祥寺ですもんね?」
お客様「(首を横に振る)」←そりゃそうだ
福田「え、じゃあ、八王子ですか?」
大「どっちにしろそっちの方なんだな」

・大福が最近気付いたこと:「夜は寝た方がいい」。
・夜に遊ぶことはマイナスにしかならない。疲れが全く取れないから。
福田「知ってました?皆さん」

・何か運動をしたい福田。ルームランナーがいいんじゃないかと思ってる。
・しかし、大曰く、あれはダメ。
大「隣の家にもしあったら印刷所なんじゃないかと思うほど音がうるさい」
福田「いや、今、自分の家に置くって話してるんで。しかも印刷所の音かどうかは大さんのさじ加減でしょ」

・福田はジョギングの往路はいいが、復路がめんどくさい。
・そんな福田に大から提案。寝る用の家と衣食住用の家と会社を建てて、走って通えばいい。そしたら往路しかなくなる。
・でも、会社からは衣食住の家を経由しないと寝る家に帰れないので、4回は走らなければならない。
福田「なんだよ、その決まり~。なんで会社から寝る家に直で帰れないんですか」
大「その間には崖があるから」←(笑)

・酒を控えた方がいいのはわかってるけど、できない二人。
・楽そうに見えるけど、この仕事はかなり疲れる。疲れをごまかすために酒を飲む。でもそれじゃ疲れは取れない。疲れを酒でストックしている感じ。
・年間「乾杯」と言っている回数がスゴい。
大「海賊だよ」
・最終的にもう薬をやるしかなくなるんじゃないか。
・大福の粉が薬に見えるようになるミニコントをする二人。
・そのうち、普通に「じゃ、俺、打ってくるわ」と言って袖に引っ込むかもしれない、と福田。そうなったら、大は「友達を助けてください!」と言って警察へ通報する(笑)

・某芸能人が薬やっちゃったのもきっと疲れていたから。神経が細かい人だったらしいし。人に見られるって超疲れること。だから、薬に頼りたくなっちゃうのもしょうがない。
大「でも、ここまで言ったけどさ、同情はしないよね。何ハゲ散らかしてんだよって思うし」
福田「このタイミングでいきなりすげぇ悪口言いましたね」
・ちなみに、福田は、ハゲなのにオールバックだったことが気になった。
福田「あそこまでハゲてたらもういいでしょ、オールバックにしなくて」

・登山とかしたい大。
・福田オススメの山。絶壁の岩に引っ掛かりながら登るタイプ。
・大は途中で疲れて登れなくなっちゃった時に困るからロッククライミングは嫌。
福田「そしたら俺、写メ撮って呟きますよ。「大さん降りれないなう」って(ヘラヘラ)」
大「それ、お前は楽しいかもしれないけど俺、どうすんだよ」
・大が山から降りられなくなった場合、仙人になればいい。
・何年かたった後、山へ行ったら仙人になった大と感動的な再会をする福田。
福田「だ、大さん…!あんた今までどうやって…」
大「…大地のエネルギーで生き延びていた」
・仙人大は座禅を組んで静かに佇む。…が、よく考えると、
福田「頂上とかじゃないんでしょ?山の中腹にいるんでしょ?(笑)」
大「そう。岩と岩の間に」
福田「聞いたことねぇよ、そんな仙人(笑)」



〈ゲスト〉
・桑原さん、関町さん、林さん。
・ミニコント軍団の運転手だった林さんだけが気付いていた一回訪れたカオスな時間。
・散々ミニコントをやり散らかしている時に、車内にMAXの曲がかかった。するといきなり、
大「MAXの中で誰が一番可愛いと思う?」
・それまで皆、役に入りきっていたのに一気にその場が修学旅行みたいな雰囲気に(笑)
福田「今までで一番ほろ苦かった恋の話とかし出した」
・そこから、キヨちゃんの失恋話に。キヨちゃんがフラれた相手は千葉の子。
・またミニコントのノリで、
福田「運転手さん、千葉まで…どのくらいですか?」
林さん「結構かかるよー。……20分!」
・実際、そのくだりが行われていたのは名古屋あたり。
福田「飛ばしすぎだろ!」


〈エンディング〉
冷静になってみると、全員31とかなのに、ごっこで盛り上るだなんてどうかしてる。
大「やっぱりね、男の子っていつまでも子供なんですよ」

大の美しいまとめで終了(笑)









あー面白かった。
大福二人きりのトークがとにかく最高でした。
一発目にこれに行って正解でした(と、思いたい笑)

不謹慎ってなにかね

テーマ:
お久しぶりです。なごみです。

放置とはこのことですね、本当。
更新がないにも関わらず来ていただいてた皆さん、すみませんでした。
申し訳ない。
なんせネットも使えなければライブにも行けていないのでなかなか書くことがなかったんです。
あ、ネットが使えないのは地震とは関係ないです。
ただの新生活のゴタゴタです。

で、ですね。
ネットがないなら、実際に観に行くしかないわけです。私ご贔屓の地下芸人たちを。
しかし、私が取っていたチケットの単独は全て延期になってしまい、ライブ自体の本数も減っております。
こういう状況ですから、やれるライブも限られてくるんでしょうし。
しょうがない。

けど、私はお笑いはもっとガンガンやればいいのになぁーと思いますよ。
いや、もちろん設備等の問題はありますけども。
トークとかはね。
何も不謹慎なことばっかり言って笑い取っている芸人さんばかりじゃないんだし。
笑うと元気になるし、心にゆとりも生まれます。
そう思って、私が久々に行ってきたライブが、これです。

ふわふわシエスタ-KC3O0003.jpg
不謹慎の極み…!

そうです!
1月以来のお笑いライブ、選んだのは大福です!
確かに、購入ボタンを押す時、「久しぶりがこれでいいのか…?」と一瞬ためらいましたが、買っちゃいました。
そして、行っちゃいました。
結果、

行ってよかったです…!

くだらなすぎたし、実がなさすぎた。
でも、楽しすぎたし、笑いすぎた!
ってなわけでレポを上げますが、あくまで大福なので、不謹慎のオンパレードです。
でも、そんなあの人たちが大好きです。
同じ気持ちの方、よろしければお読みください!

さ、この大福を皮切りにまた色々行こうと思ってます。
アーム単独延期の知らせを受けた時の悲しみ(笑)をバネにして、貪欲に笑っていきたいです!
よかったらお付き合いください!

…てか、いつの間にかピースって超売れっ子になってますね(←今日のロンハーの感想)

4月1日の件について

テーマ:
皆さん、どう思われます?




1.単独当日、
福田さん「皆さん、今日エイプリルフールですけどね、僕らがDVDを出すというのは…本当です!」
伊藤ちゃん「ねぇ。ちょっと緊張しますけど…カメラもありますから。収録してますから、今日は話は手短にお願いしますね」
福田さん「お前、俺だってガキじゃないんだから。そのくらいわかってるから。皆さんね、今日もしかしたら映っちゃってDVDに収録されちゃうかもしれないですから、身だしなみはきちんとね、していただいて。あ、大丈夫です?指名手配中の方とかもしいたら映らないようにこっちとしても配慮しますんで…」
伊藤ちゃん「指名手配中の人、単独来ないだろ!」
福田さん「なんてね、ベタなボケもありつつも…」
伊藤ちゃん「もう長~い!早く漫才始めようよ!このくだり絶対カットだよ!」
福田さん「「漫才を始めよう」と言って始める漫才なんて斬新ですねー!皆さんね」←DVD化が嬉しくてテンション高


2.単独当日、
福田さん「皆さん、今日エイプリルフールですよ?まさかDVD収録とか信じたわけじゃないでしょ(ヘラヘラ)」
伊藤ちゃん「僕らがDVDなんて出せるわけないじゃないですかぁ(ニコニコ))」
福田さん「吉本の幹部もそこまで気狂ってませんからね」
伊藤ちゃん「今日はただの単独で~す」


3.単独当日、
福田さん「皆さん、今日はエイプリルフールですよ?まさか信じてここに来たんですか?」
伊藤ちゃん「甘いですよ、皆さん」
福田さん「皆さんもね、人を疑うことを覚えないと」
伊藤ちゃん「ま、嘘をついたのは僕らですからそんな偉そうに言うことでもないんですけど…(笑)」
福田さん「いや、僕は皆さんの為を思って言っているんです!今日がエイプリルフールだってことに気付いてここに来た方何人いらっしゃいます?ほら、これだけしかいない!皆ホストに騙される!」
伊藤ちゃん「いや、そんなことないだろ!(笑)」
福田さん「皆さん、しっかりしてくださいね、危ないですから。今日はDVD収録もなければ単独もやりませんから!2月に単独やったばっかりなのにこの時期にやるわけないでしょ!今日は伊藤と僕がただルミネでトークライブしたかっただけです!」
伊藤ちゃん「すいませんね~本当。でも、騙されたのは皆さんですから」←ブラック伊藤





私は1だと思います。
わざわざエイプリルフールにやろうとするのは、スケジュール上の都合+傑作ネタなんて大風呂敷を広げちゃったのでちょっと弱気になった結果の保険(→福田さん「「傑作」じゃなくても怒らないでくださいね。今日はエイプリルフールですから」)をかけるため、だと思います(笑)
しかも4月の末にジャンポケもDVD収録単独をすると言うことがより真実味を増しております。

ただ、3だったらますます奴らのことが好きになるな。
こんな嘘ついてチケット売る奴クズですよ(笑)
でも福田さんはクズでなんぼ(何という)だと思うので、3くらい振り切ってくれたら逆に嬉しいよ。

ま、どの結果になろうととりあえず先行は申し込みます。
そして、今日はLLR単独1日目。
私は行けないけど、頑張ってね二人!
「傑作」ネタをまた増やすんだ!
てか、本当にDVDになるんだったら「MOGUMOGUナイト」は絶対入れて!(笑)