★奈良県作業療法士会啓発委員会ブログ★

★奈良県作業療法士会啓発委員会ブログ★

「作業療法って何だろう」
「作業療法の魅力をもっと伝えたい」
「自分にできることがあればやりたい」
など、若手ですが作業療法に対して熱い想いを持っている作業療法士が集結しました!
小さなことからコツコツと。

若手作業療法士により2013年より始動している啓発活動を目的とした委員会です。
作業療法士を世の中にの皆様により知ってもらうことはもちろん、内部啓発として奈良県の作業療法士の質の向上も目的としています。
楽しく、今までにないことをも若い力で提案していけたらと思います!
よろしくお願い致しますo(^▽^)o
大変ご無沙汰しております!
投稿が1年以上空いてしまいました。。。

今年は、新型コロナウイルスの影響が公私ともに多大にあった1年でしたね。近い距離で患者様と接することが大変多い職業のため、衛生管理は特に今まで以上に対応が求められた1年だった様に思います。

本日、オンラインにて会議を実施し、今年度出来ること、来年度にむけての話し合いを行いました。

今年度は外部に向けた交流や活動が行いづらい1年でしたが、来年度は作業療法の日など外部への啓発活動も含めて行っていこうと思います!

このブログの更新も滞っておりましたが、続けて参ります!笑




10月13日(日)イオンモール大和郡山2Fイオンホールにて

 

「第2回 作業療法の日」を開催します!!!!!!!!!

 

 

 

会場が大和郡山イオンですので

 

是非、買い物や遊びに来たついでに、気軽にお立ち寄りください!

 

認知症のことでお困りの方

 

子育てで日々悩んでいるお母さんお父さん

 

是非、来て下さい!

 

専門的な知識と経験を持った作業療法士が

少しはお役に立てることがあると思います。

 

 

トランポリンやぷよぷよボール掬いなど

キッズスペースも充実させておりますので、お子様連れの方もお待ちしてます!

 

また、作業療法で使用する訓練道具や自助具の体験

 

治療の一環として作成した作品の展示も行なっております。

 

この日のために活き活きと創作に励んで来られた成果をご覧ください!

 

 

作業療法の絵本

「のんちゃん ありがとう」

 

様々な方から公募の申し込みをいただいています。

 

先日、製本された絵本が届きました。

 

とってもいい感じです。自画自賛です。

 

是非、手にとって頂きたいです。

 

たくさん刷りましたので

 

まだ残っています。

 

申し込み期間を2月末まで延長しましたので是非、

 

もらって頂ける方ご応募お待ちしております。

 

 

こちらより応募頂けます↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

https://goo.gl/forms/Uf6LzPzPsnjC7GVI3

 

 

公募CM(1分動画です。お時間ない方はこちらで雰囲気が分かります)

 

解説付き動画

 

 

 
この度、奈良県作業療法士会では、平成30年度日本作業療法士協会モデル事業において、
「絵本で伝える作業療法」 が全国で2士会の当選枠に選出されました。
 
そして、ついに作業療法の絵本が完成します。おねがい!!
そこで絵本の欲しい方を募集していますキラキラ
暖かい絵のタッチで、作業療法の視点を取り入れた絵本となっています。
 
応募条件や申し込みはチラシをご参照下さい音譜
また絵本の内容はYoutubeにまとめていますので是非見て下さいニコニコ
公募は1月末までとなっています。
メールアドレス
 
作業療法特設委員一同
 

 

 

youtube動画

 

 

 

 

 

 

 
 

 

6月3日(日)
第10回 奈良県作業療法学会
2018年度 社員総会 新人歓迎会

いかるがホールにて開催されました





学会長の西井正樹 奈良県作業療法士会会長より開会の挨拶があり口述演題が開始しました。


特別講演は森ノ宮医療大学の松下太先生にご登壇頂き、「認知症の人と作業」のテーマにてご講演頂きました。


毎年、優秀演題賞を選出しております。



学会の後に続けて 平成30年度 奈良県作業療法士会総会があり、昨年度の活動報告や本年度の活動予定及び予算案が可決されました。


最後はいかるがホール内にて、新人歓迎会を行いました。大西副会長より乾杯の挨拶があり、会がスタート!  今回の総会にて、会員数は488名となりました。本日付で入会頂いた22名の作業療法士の皆様、ようこそ奈良県作業療法士会へ!(^ ^)


名物 西井会長の新人紹介★
昨年に続いてアシスタントも増えました(笑)



奈良県は全国的にも少人数で構成されている作業療法士会ですが、暖かみがあり、一人一人の活躍が作業療法士の発展に寄与できます。


これからもよろしくお願いします!