比久尼ヶ城/埼玉県秩父市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

比久尼ヶ城は比丘尼城とも表記される、武蔵最難関の山城です。
訪問日は2020年12月31日です。

比久尼ヶ城【1】

西側の県道沿いにある半根子集落から見た比久尼ヶ城です。
ひと際目立つので、すぐにそれとわかります。
山頂のすぐ下は岩盤がむき出しになっています。
遠くから見ても、近づき難い険しさが伝わります。

比久尼ヶ城【2】

上のアングルは皆様撮られているので、私は別の角度で撮りました。
つまらない所で負けず嫌いを発揮しますw
半根子集落から少し北ですが、地上からは見えません。
なので、上空から撮影しました。
私、空飛べますので\(^o^)/
法律ギリギリの高さで、ようやく全容を捉えることが出来ました。
画面ではちゃんと収まっていたのに、ちょっとだけ切れてしまいました。
こうなるとわかっていれば、少しバックすれば良かったんですがあせる

比久尼ヶ城【3】
①秩父事件の説明板 拡大表示

さて、この城を訪ねる人がとても少ないせいか、情報が少ないです。
アノ岩山に登ることなど、命知らずの所業だとされるからです。
なので、遠景を撮りこの説明板を見つけたら攻城とする方が殆どです。
この説明板も道端にある訳ではないので、少し探しましたがあせる
尚、現地で城の名が唯一表記されているのがこの説明板です。
なので、私はここでの表記で紹介しています。

比久尼ヶ城【位置】

説明板のある集落までは、荒れた砂利道があります。
私の馬は美道専用なので、片道3km程歩きましたけど・・・
その道も集落で終わるので、ここから先は道無き山中を歩きます。
私は目印を付けずに進んでしまったので、行きと帰りがバラバラですあせる
城跡に辿り着くのでさえ、遭難の危険が伴います。

比久尼ヶ城【4】
②広い場所

何となく城跡の方に進むと、かなり広い場所がありました。
これが、あの岩山の付け根にあります。
お城だというなら、ここが主郭でイイじゃん!って思いますが・・・

比久尼ヶ城【5】
③遠くから見た城

これは帰りがけに撮ったものです。
こちら側からだと、行きはどこがお城なのか判別がつきません。
ただただ地図やGPSを頼りに、それらしい方向へと進みます。
だんだん地形も険しくなり「本当にこっち?」なんて場所もあります。
ルートを非公表とされる先達もおいでなので、詳細は伏せますがw
先達はよくこんな所進んだなぁと、感心するばかりでした。

比久尼ヶ城【6】
③細尾根

だいぶ近付いて来て、こんな細尾根が現れます。
ここか?と思いましたが、幅も広く左側は緩いです。
普通に歩けるので進みます。
この先で、また少し幅が広い土の細尾根になります。

比久尼ヶ城【7】
④渡れない極細土橋

そして、ついに辿り着きました。
渡ってはいけない土橋です。
ここから先をレポートされた先達はいらっしゃいません。
歩いて渡れなければ、飛べばイイ!
そう思って空を飛ぶ準備をして来たのですが・・・
木々の枝に覆われ、飛ぶことが出来ませんでしたクローバー
嗚呼、我が野望潰えたり・・・w
まぁでも、この極細土橋を見ることが出来ただけで満足です。
これから訪ねる方も、これ見ただけでも自慢していいです。
ここは、それだけ難易度の高い所なので。


◆歴史◆

城山城主の奥方が隠れたと伝わります。

「城山」は上吉田では城峯山の事で、石間城がありました。
平将門またはその弟・平将平の城で、藤原秀郷に攻められ落城しました。
一般的に、平将門は940年2月に下総で戦に敗れて討死したとされます。
そのため、石間城に立て籠もったのは平将平だったと考えられます。
そして、平将平が奥方をこの城に隠したのが城の名の由来とされます。
石間城落城後に厳しい落ち武者狩りがあったと、この地方では伝わります。
ココに逃れた奥方のその後については、いくらググっても出てきません。

尚、「平将門」「比丘尼」でググると、沢山ヒットします。
その多くが、各地に逃れた娘が出家して隠れ住んだという内容です。
ココの伝承もあながちあり得ない話ではないと思われます。

時代を下った明治時代にも、ココに人が隠れました。
秩父事件では、困民党の首謀者達が粟野山で会合を繰り返したそうです。
地元の人達にとっても、隠れるのに丁度良い場所だったようですね。


所在地:埼玉県秩父市吉田石間

埼玉県の城跡/なぽのホームページを表示