鷹谷砦/埼玉県小鹿野町 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

鷹谷砦も、堀底道のような道が続く尾根上の砦です。
訪問日は2020年12月31日です。

鷹谷砦【1】

鷹谷砦へは、国道299号線のココから脇道へ入ります。
訪問当日は寒波の影響により、一気に真冬並みの寒さとなりました。
国道なら大丈夫だと思ってタカを括っていましたが・・・
あともう少しという所で、路面凍結に出くわしました。
あと100メートル程だったので、そこからは徒歩で来ました。

鷹谷砦【2】
①登り口

国道から入った脇道を道なりに進んで集落を抜けます。
右側に墓地があるのが、鷹谷砦のあった山です。
この少し奥に広い路肩があるので、車はそこに停められます。

鷹谷砦【3】
①何も無い斜面を登ります

事前情報では確か墓地の脇から登るはずだったけど・・・
墓地の左奥はこんな感じで、登っても先に進めなさそうに見えました。
しかも、人が通った気配もありません。
土もポロポロしてますが、ここを登ります(`・ω・´)b

鷹谷砦【4】
②掘った道

すると、下からは見えなかった堀底のような道が現れます。
お墓の前で「本当にココかなぁ???」と悩んでたのは無駄でした。
ただ、きちんと登り坂ではありますw

鷹谷砦【5】
③最初の曲輪

割と間もなく、かなりまとまった広さの空間が現れます。
細長い尾根はたいてい上が丸っこいので、これ、完全に人工的です^^

鷹谷砦【位置】

鷹谷砦【6】
③最初の曲輪

削平は甘いものの、これで自然地形はないですね!
最初に現れた曲輪ですが、かなりの長さがあります。

鷹谷砦【7】
④最初の堀切

そして、最初の堀切様がいらっしゃいましたラブラブ
大きさはそれ程でもありませんが、形は美しいです^^

鷹谷砦【8】
⑤2つめの曲輪

次の曲輪は、最初の曲輪と比べてきちんと整備された感があります。
あんまり真ん中がポッコリしてませんので。

鷹谷砦【9】
⑥2つめの堀切

そしてまた、堀切様のご登場です。
割と平らだった尾根を、見事にザックリ割っています^^

鷹谷砦【10】
⑦3つめの曲輪?

その先はこんもりしていて、曲輪ではありませんよね?
ぜんぜん平らではありませんし。

鷹谷砦【11】
⑧3つめの堀切

でもまたすぐに、次の堀切様がいらっしゃいます。
心なしか、少しずつ深くなってる気がします^^

鷹谷砦【12】
⑨4つめの曲輪

その先の曲輪が、一番広くしっかりしています。

鷹谷砦【13】
⑩奥が高くなっています

広く大きかった曲輪の奥は、だんだんとしぼんで狭くなります。
そのまま緩やかな斜面となり、堀切様も現れなくなります。

鷹谷砦【14】
⑪奥の高い所

もう通り過ぎたのかと思っていると、奥にひと際高い所が見えて来ました。
お城で言えば物見台のように、ココだけこんもりと高くなっています。
とりあえずはそこまで行こうと足を運びました。

鷹谷砦【15】
⑫主郭?

こんもり高い所は、狭いながらも平らにされています。
そして、石碑と石祠が並んであります。
ここが鷹谷砦の主郭とされる場所です。
かなり狭いですし、守将もここに押し込められたら窮屈そうですが。

鷹谷砦【16】
⑫プレート

左手前の足元に、このプレートがありましたラブラブ

鷹谷砦【17】
⑫奥へ続く細尾根

ここから奥は、細尾根が続くばかりです。

鷹谷砦【18】
⑫国道299号線

物見の砦と言われるだけあって、国道299号線がよく見えます。
下からこちらに気づいても、簡単には攻め寄せることが出来ません^^
入口がわかりにくかったのは、もしかしたら往時からでしょうか。


◆歴史◆

後北条氏の物見だったと伝わります。

『新編武蔵風土記稿』では、砦や城の存在に全く触れられていません。
地元住民の間でさえ、何も伝わらなかったという事だと思います。
これは、存在自体が秘密だったのかもしれません。

付近であった戦として、1569年の三山谷の戦が挙げられます。
・・・地名がまさにここら辺です。
これは武田軍が秩父に侵攻し、後北条軍が追い返した戦いです。
1568年12月、武田信玄が今川氏真との同盟を破棄し駿河へ侵攻しました。
そのため北条氏康は上杉謙信と同盟して牽制します。
一方の武田信玄も、佐竹氏・里見氏と連携して北条氏康に対抗します。

武田軍が秩父に侵攻したのは1569年6月です。
この時の在地武士達に対する北条氏邦の感状が残っています。
武田軍は秩父の寺社に火を放つ「信玄焼」をしながら鉢形城に迫ります。
秩父御嶽神社が焼かれたのもこの時だったんですね・・・
結局、この戦は武田軍が撤退して終わりました。

しかし、9月に武田軍は上野国碓氷峠から進軍して小田原城を包囲します。
有名な三増峠の戦いがあったのは、この武田軍が撤退する時でした。


所在地:埼玉県秩父郡小鹿野町三山 GPSログダウンロードページ

埼玉県の城跡/なぽのホームページを表示