城山城/香川県坂出市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

城山城も、瀬戸内海を見下ろす山上に築かれた古代城です。
訪問日は2018年8月5日です。

城山城【1】
途中にある説明板 拡大表示

城山城は、大部分がゴルフ場となっています。
途中でゴルフ場と山頂に道が分かれ、まずは山頂を目指しました。
ヘアピンカーブのように山頂への道へ入り、しばらく進むと白い板が。
城キチさんは、とにかくこういうのを見ると脚が止まります。

城山城【2】
拡大表示

ここの白い板は当たりで、城山城の案内図が載っていました。
この案内の短所は、現在地が示されていないことです。
構造はわかるものの、今ココからどう進めば良いのかが?です。
ここに描かれている「車道」は遺構の名前です。
事前に知っておきたかった・・・
普通の道路と勘違いすると???になりますあせる

城山城【3】

上の説明板の少しだけ手前に、登山口があります。
ここには車を停められませんし、暑いのでそのまま車で進みました。

城山城【4】
①石塁の案内

城キチ2回目のフリーズは、またしても当たりです。
道端に石塁の標示はありますが、それらしきものは見当たらず。

城山城【5】
①石塁への道

ただ、山中へと誘う細い小径があるばかりです。
真夏ではありますが、草が無いのでチャレンジです♪

城山城【6】
①石塁

このチャレンジは大成功!
50メートル程先に見事な石塁がありましたラブラブ

城山城【7】

そして山頂です。
何だか車が沢山いて騒がしかったですが、ココでは遺構は見られず。
ただ、説明板があったのでボーズではありません。

城山城【8】
②獣避けゲート

続いて、今度は水口・城門方向へ。
各所にかすかに出ている案内に従い進むと、ゲートが現れます。
ストッパーはありますがカギは無く、誰でも開けられます。
獣避けではありますが、ココは一応ゴルフ場の敷地内。
車は進んで欲しくないと解釈し、少し戻って広い路肩に駐車しました。

城山城【9】
③水口 説明板

ゲートから100メートル程進むと、道端に石積みが現れました。
古代城ではよく水門がありますが、ここは水口と呼ばれています。

城山城【10】
③水口の石積み

川を堰き止めるようなものではなく、排水口だったと考えられています。
説明板によると、ここには高さ3メートルの石塁があったそうです。
大半は壊されてしまいましたが、基部だけ残っているそうです。
もうちょっと奥まで見て来ればよかった・・・

城山城【11】
④城門の案内

水口のすぐ先は、ゴルフコースが横切っています。
正確には、ゴルフコースを道が横切っています。
その手前で道が分岐していて、私は右の高い方へ進みました。
それはそれで何かしら見られたかもしれませんが・・・
城門へは直進が正解です。
ゴルフとは無縁そうな私に声を掛けて下さった方、感謝してます♪
プレー中の方がいらっしゃったので、打ち終わるのを待ち前進。
芝生の中の道の先で、T字路になっています。
ここに案内があり、城門は左へ進んだ先だと教えてくれます。

城山城【12】

矢印の通り左を向くと、こんな感じになっています。
・・・どっち?www
城キチはとにかく高い方へと進みたがりますが、正解は左です。
ちょっと先でも道が2股に分かれますが、そっちも正解は左です。
案内って、こういう迷いやすい所にこそ欲しいです。

城山城【13】

ちょっと進んだ所に案内ありました。
とりあえず安堵し、素直に右へ進みます。

城山城【14】
⑤城門の説明板 拡大表示

道端に説明板が現れました!
城門は近い!と、気力の回復した私はズンズン進みました。
シカシ ススメドモ ススメドモ ジョウモンハ アラハレズ・・・
300メートル先まで進み、ゴルフコースが現れた所でUターンしました。
気づくのチョット遅過ぎますあせる

城山城【15】
⑤城門

あれ?おかしいなぁ?と説明板まで戻って来た私。
説明板の所で、さっきの道とこっちの道に分岐しています。
こっち側は、何も標示も無い下り坂の入口にしか見えませんでした。
しかし、これが城門です。
イメージと全然違う!と思いましたが・・・

城山城【16】
⑤城門

反対側はこうなっていますw

城山城【位置】

城山城マップです。
何となく山頂を目指すクセがありますが、山頂には説明板があるだけです。
すぐ下に石塁があることはありますが、それだけで帰っては勿体無い!
最大の見所である水口と城門へは、ゴルフクラブ入口を目指します。


◆歴史◆

屋嶋城と同じ時期に築かれたと考えられています。

屋嶋城は日本書記に登場しますが、城山城は登場しません。
しかし、その記述が
「築倭国高安城、讃吉国山田郡屋嶋城、対馬国金田城」
とあり、屋嶋城だけ郡名が書かれています。
そのため、讃吉国には山田郡以外にも城があったと考えられています。

他に城山城の存在を示唆する史料が『日本三代実録』です。
『日本三代実録』は平安時代に編纂された歴史書です。
この中の859年と865年の記述に、麓にある城山神社が登場します。
平安時代にすでに「城山」と呼ばれていたことが、この記述から判明。
それ以前から、山に城があったことがわかります。

屋嶋城が築かれた時期は、663年に白村江の戦に敗れた後です。
唐・新羅の反撃を恐れ、西国を中心に朝鮮式古代山城が築かれました。
671年に天智天皇が崩御し、皇位を巡って壬申の乱が起こりました。
この乱に勝利した大海人皇子が即位し、天武天皇となります。
天武天皇は新羅との国交を回復し、遣新羅使を年1回以上派遣しています。
次の持統天皇が、唐に倣って701年に大宝律令を制定。
国の名前が「倭」から「日本」となりました。
この頃から唐との国交も回復し、遣唐使の派遣が始まります。

この流れを見ると、城山城は造りかけだったのか?なんて思います。
完成していれば、日本書記に登場したかもしれませんね。


所在地:香川県坂出市西庄町 GPSログダウンロードページ

香川県の城跡/なぽのホームページを表示