羽床城/香川県綾川町 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

羽床城は、真夏にはギリギリアウトな山城でした。
訪問日は2018年8月5日です。

羽床城【1】
①入口

羽床城は、讃岐平野と南側の山地の境目にありました。
お城は小さな山というか丘を、丸々1つ利用しています。
大した高さではないのですが、案内は「登山口」と書かれています。
雰囲気的にはそんな感じですクローバー

羽床城【2】
①説明板 拡大表示

そんな「登山口」にある説明板です。
内容はザックリですが、イラストもザックリです。
微笑ましいのですが、城キチにはお宝です合格

羽床城【3】
①道端の案内

登山口から集落の通路っぽい道に入り、すぐに案内があります。
この案内が無いと、100人中100人通り過ぎると思います。
往時もやっぱりこんな感じだったのでしょうか?

羽床城【4】
②城塁と案内

山道っぽい山道に入ると、すぐに道が分かれます。
ここに案内があり、本丸は矢印の先の高みにあります。
城キチなら、何も無くてもそっちへ吸い寄せられます。

羽床城【5】
③本丸入口

その吸い寄せられた先で、土塁が開口しています。
私の目には、後世に開けられたようにしか見えず・・・
しかし、今となってはココが唯一のまともな通路です。

羽床城【6】
④本丸内部

ついに到着した本丸です。
緑がとっても豊かですクローバー
草丈は腰の高さまであり、散策出来る場所が限られます。

羽床城【7】
⑤本丸虎口

そんな中、あとちょっと!のつもりで見つけた虎口跡です。
白い案内が出ていたので、何だろう?と吸い寄せられました。
そんな同類のおかげか、足元の草がそこだけ薄くなっています。

羽床城【9】
⑥二の丸の土塁

続いては、本丸前の分岐から城塁に沿って進みます。
すると、二の丸の痕跡にたどり着きます。
上の白い板には「←本丸」と書かれています。
どうやら竹藪の細道を辿ると、先ほどの虎口に行けるようです。
季節が季節なので、試す度胸はありませんでしたあせる

羽床城【10】
⑥説明板 拡大表示

二の丸の土塁の前に、羽床城の説明板があります。
こちらは教育委員会が設置した、かなりマジメなものです。
城キチ以外の人は、本丸行ってオシマイの人が大多数だと思いますが・・・
ニッチな嗜好の者にだけ与えられた特別賞、とでも捉えておきますw

羽床城【11】
⑥城址碑

ついでに、さらに奥には城址碑まであります。
昔はこっち側が正面の入口だったとしか思えない配置です。

羽床城【位置】

羽床城の撮影位置図です。
毎回呼び名が変わるのは、気分が変わるからですw
ポイントは本丸だけではないということ。
本丸を見たら、奥にも足を運んで下さい^^


◆歴史◆

羽床氏の城でした。

羽床氏は讃岐藤原氏の一族で、平安時代末に讃岐に下向しました。
初代は藤原資高で、治承年間(1177-81)に羽床の庄司となっています。
藤原資高は領地の地名から羽床姓を名乗り、讃岐藤原氏の嫡流となります。
讃岐藤原氏は多くの氏族にわかれ、讃岐藤家六十三家と呼ばれました。

承久の乱では宮方となりました。

鎌倉幕府3代将軍・源実朝が1219年に暗殺され、ゴタゴタが表面化します。
すると、かねてから不満を抱いていた後鳥羽上皇が討幕のため挙兵。
この時、讃岐藤原一族の中でも対応が割れました。
嫡流の羽床氏は宮方となったものの、新居氏は武家方となりました。
承久の乱は武家方の勝利に終わり、宮方の羽床氏は領地を没収されました。
武家方だった新居氏は讃岐藤家の惣領となり、香西氏に改姓します。
南北朝時代にも同様に分かれ、羽床氏の立場は一層厳しいものとなります。
羽床氏は以後、香西氏に従うこととなります。

1587年、廃城となりました。

戦国時代、讃岐藤家六十三家は細川吉兆家に従っていました。
細川家衰退後、羽床伊豆守は長宗我部元親に抵抗したものの軍門に降ります。
羽床伊豆守の没後は、次男の羽床資吉が家督を継ぎました。
羽柴秀吉による四国征伐により、讃岐藤家の棟梁・香西氏が滅びました。
羽床資吉は讃岐の国主となった仙石久秀の配下となりますが・・・
豊臣秀吉の九州征伐に参陣し、戸次川の戦で羽床資吉が討死。
羽床氏の嫡流が絶え、この時に廃城になったとされます。


所在地:香川県綾歌郡綾川町羽床下 GPSログダウンロードページ

香川県の城跡/なぽのホームページを表示