藤崎城/青森県藤崎町 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

藤崎城は、安東氏発祥の地です。
訪問日は2018年5月5日です。

藤崎城【1】

藤崎城はかなり消滅していますが、土塁が1本だけ残っています。
国道7号線沿いに土塁の断面があり、その上に標柱が立っています。

藤崎城【2】

土塁が残っているのは、藤崎八幡宮に接している部分です。
車を停めたのも、この神社でした。
朝早かったので停められましたが。

藤崎城【3】

社殿は、国道から伸びる土塁上にあります。

藤崎城【4】

社殿の左奥に土塁が続いています。

藤崎城【5】

土塁は200メートル程残っているそうで、土塁上を歩けます。
こんなですがクローバー

藤崎城【6】

土塁脇には堀跡も残っています。
どこがどうだか?ですが、堀→土塁→城内が一般的です。
なので、神社側が城内だったと思われます。


◆歴史◆

平安時代に築かれ安藤氏発祥の地となりました。

築城者は安倍貞義またはその子・安倍堯恒とされます。
1092年、安倍堯恒が築いた、と断言される方が多いです。
安倍貞義は安倍貞任の子で、厨川柵陥落前に乳母に連れられ脱出。
津軽にいた安倍貞任の末弟・則任を頼り落ち延びました。
安倍則任は白鳥則任とも名乗り、十三湊を中心に栄えていました。
(よく登場する十三湊は、津軽半島北西部の北海道に近い所です)
安倍貞義は当時3歳で、高星丸と名乗っていました。
この高星丸が、後の安藤氏の祖となります。
藤崎の安倍さんだから安藤さん?

安藤氏は藤崎城を拠点とし、次第に勢力を拡大。
1229年には、十三湊の白鳥則任の子孫・十三氏を滅ぼしました。
蝦夷との交易の大拠点・十三湊を手に入れ、安藤氏は更に栄えます。
鎌倉時代末に、安藤氏は蝦夷代官職を巡り内乱を起こしました。
戦ったのは藤崎城主の安藤季久と十三福島城主の安藤季長です。
この従兄弟どうしの争いに鎌倉幕府が介入しましたが・・・
武力介入までした挙句に解決出来ず、幕府の威信は失墜しました。
これが、鎌倉幕府滅亡の遠因になったとされています。

南北朝時代に下国安藤家の城となりました。

詳細不詳ですが、藤崎城は北朝方の上国安藤家の城だったようです。
城主は安藤高季で、南朝方となった十三湊の下国安藤家と対立。
南朝方の下国安藤家が勝利し、藤崎城と大光寺城を手に入れたとされます。
大光寺城主は北朝方の曾我貞光でしたが、1341年以降の消息が不明です。
あちこち調べてきて、何となく話がつながって来ました合格
安藤高季は後に安藤師季に改名し、北朝方→南朝方に寝返っています。
ここでは南朝方の同族に敗れた側なのですが・・・逆でしょうか?
安藤家内部でも南北朝の争いがあり、南朝方が勝ったという事であせる

1443年、南部家の城になったと思われます。

安藤盛季が南部守行との戦に敗れ、蝦夷へ逃れました。
その後、津軽奪還を目指したものの、1447年までに没しています。
子の安藤康季も津軽奪還中の1445年、陣中で没しています。
孫の安藤義季は一度は南部守行と和睦したものの、1453年に敗れ自害。
下国安藤家の嫡流が途絶えました。
南部氏は、安藤一族・潮潟師季に下国安藤家を継がせ安東政季と改名。
安東政季は下北半島に領地を与えられ「安東太」と称しました。
安藤→安東の表記の変化はこの時っぽいですね!
南部氏は、傀儡を立てることで安藤一族を手懐けようとしました。
しかし、翌1454年に安東政季は南部氏と手切れとなります。

この頃から、藤崎城は南部家に従う安東義景が城主だったと伝わります。
安東義景は、浪岡御所の北畠氏に招かれ藤崎城主になったようです。
事跡がサッパリ出てこないですが、倒幕のため来た親王を迎えています。
土御門天皇の第三皇子・義仁親王ですが、飢饉のため出兵出来ず。
そのまま東日流(つがる)に土着し、晩年は仏門に入ったそうです。
そして、失意の内に1497年に没したそうです。
もし安東義景に跡継ぎが無かったとしたら・・・
南部氏が津軽郡代を派遣した1498年とピッタリつながります(*'▽')v

一方、安東政季は湊安東家に招かれ、男鹿半島の梁川城に入ります。
そこから湊安東家と合同で檜山郡を葛西氏から奪い、新たな拠点とします。
安東政季は津軽奪還のため、毎年のように出兵しました。
この時、安東義景の守る藤崎城も攻めますが、降すことは出来ませんでした。
その内に相次ぐ出兵の負担から、湊安東家との間に亀裂が入ります。
ここから約100年、檜山と湊の両安東家の争いの歴史が始まります。

1585年、廃城となりました。

戦国時代、藤崎城は大浦為信により再興されました。
それまでは空き城だったそうです。
藤崎城には、大浦六郎・五郎兄弟が居ました。
大浦為信は大浦為則の婿養子で、六郎と五郎は大浦為則の実子でした。
実の子が居たのに婿養子が家督を継いだのも変ですが・・・
大浦為信が婿に入ったのは、大浦為則が没した頃でした。

この頃は南部宗家でも、実子が生まれ養子が邪魔になった時期でした。
養子の南部信直は、津軽郡代・石川高信の子でした。
大浦為則は、千徳氏・大光寺氏とともに石川高信の補佐役でした。
石川高信に対し、大浦為則が反抗的だったのかもしれませんね。
そんな大浦氏を乗っ取ろうと送り込まれた養子・大浦為信ですが・・・
その4年後の1571年、石川高信を攻めて自害に追い込みました。
大浦為信は津軽を手中に収め、南部方の勢力を駆逐します。

1585年は、津軽で色々あった年でした。
4月には盟友・千徳政氏が南部信直に攻められました。
この時、なぜか大浦為信は援軍を出さず・・・
それでも、千徳政氏は南部軍3千を撃退しています。
その翌月、千徳政氏は一族の田舎館城を攻め落とします。
おそらく、南部軍に内通したためと思われます。
この年、大浦六郎・五郎兄弟は、川遊びの際に溺れ世を去りました。
タイミングが絶妙過ぎますw
大浦為信の家督相続には、いくつも???が付きます。
何らかの遺恨があり、南部家から調略の手が伸びてもおかしくありません。
六郎・五郎兄弟にその気が無かったとしても、変な噂は立ったかも。
自らの地位を脅かし兼ねない兄弟を暗殺した?という説もあります。


所在地:青森県南津軽郡藤崎町大字藤崎梨ノ木

青森県の城跡/なぽのホームページを表示