橋倉城/埼玉県ときがわ町 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

橋倉城跡は現在、パラグライダー場になっています。
訪問日は2020年8月15日です。

橋倉城【1】

芝生で覆われとても綺麗に整備されていますが・・・
「超」がいくつも付く山奥にあります。
ただ、全て舗装道だったので私のバイクでもokでした。
ナビ無しバイクなので、何度も何度も道に迷いましたけどあせる
お盆の朝なので、流石に飛んでる人いませんでした。

橋倉城【2】

確かに平らだけど、パラグライダー場造った時にやったのでは???
そう思いながら、スキー場のような芝生の坂を登って来ました。
何となく調べてふわっと来たので、城跡はここだと思っていました。
まぁ暇潰しだし、ちゃんと着いて良かった♡な感じでしたが・・・

橋倉城【3】

平らな場所の右側に「おいでおいで」の空間ハッケソ(`・ω・´)
私、こういう誘惑に弱いですw

橋倉城【4】

雑木林の中は、そこそこ広い平坦地が数段ありました。
パラグライダー場は、おそらく元々の地形そのままなのだと思います。

橋倉城【5】

さらに、そこかしこに崩れた石垣が散見されます。
これはさすがにパラグライダー関係ないですよね?
もしかしたら先代以前の地主さんの畑だったかもしれませんが・・・
とにかく、人の営みがここであったと確信出来ました。

橋倉城【6】

さて、ろくすっぽ調べずに現地に乗り込んだ私。
帰宅してから「どんなお城だったんだろ?」とググってみました。
すると、実はかなり広いお城だったと判明。
何よりショックだったのは、目の前にあった遺構に気付かなかった事。
道沿いに堀跡と土塁があったのでしたあせる
草が刈られた所はもちろん、それ以外にも2つ曲輪があったようです。



そうとは知らずに、とりあえず撮れる所を撮った空撮です。


◆歴史◆

後北条家臣・大野弾正の城と伝わります。

大野弾正は、後北条家の松山城主・上田氏に仕えていたとされます。
年代は戦国時代で、1590年に後北条氏滅亡後は帰農。
その後もこの地で暮らしたと伝わります。

大野は地名、弾正は自称でしょうか。
「弾正」は官職名で、治安維持等を担っていたそうです。
帰農したものの、地元の安寧はワシが守る!という気概でしょうか^^


所在地:埼玉県比企郡ときがわ町大字大野

埼玉県の城跡/なぽのホームページを表示