大光寺城/青森県平川市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

大光寺城は、津軽郡代を補佐した大光寺氏のお城です。
訪問日は2018年5月4日です。

大光寺城【1】

城跡は街中にあって、大きな公園となっています。
その一角に公民館があり、ここに車を停められます。

大光寺城【図】
拡大表示

上の写真に写っている説明板の図です。
大光寺城は平城で、現状は縄張りを無視して道が・・・
ということで、遺構らしい遺構がありません。

大光寺城【3】

駐車場の隅に、天を衝くような城址碑があります。
こっち方面が好きな方には、それだけで訪ねたくなりますよね?
私も、そっち方面、大好きですラブラブ

大光寺城【4】

上の図では、公民館の前の道と堀が重なって描かれていました。
ということで、堀跡の道です。
・・・面影はありませんあせる

大光寺城【5】

公民館の裏の公園というか広場です。
ここが主郭でした。

大光寺城【6】

そんな中、1か所だけそれっぽい所があります。
それが亀甲門跡です。
場所はコチラです。

大光寺城【7】

亀甲門は大光寺城の大手門でした。
そういう目で見ると、左の水路が門の前の堀跡のようです。
そして、道が曲がっているのが枡形の名残でしょうか。
・・・両サイドの家が、だんだん櫓っぽく見えてきました。
また一歩、あっち側へ進んじゃったようですあせる

大光寺城【8】

実は亀甲門は、別の場所で今でも見ることが出来ます。
それが、弘前城の北門です。
弘前城北門の説明板にも、大光寺城の門だったと記されています合格

大光寺城【9】

そしてもう1つ、移築門では?と囁かれている門があります。
それが、誓願寺の山門です。地図です。
この門も弘前城の近所にあります。
見た目は城門らしさを失っているように、私は感じます。
この門は国指定の文化財で、説明板があります。
その中には大光寺城についての記述は全くナシ。
門の下の方が室町期、上の方が江戸時代中期の工法なのだとか。
この文面からすると、上の方は何かの理由で破損したのかもしれません。


◆歴史◆

古館→五日市館→新城の順に推移しました。

大光寺城は、平賀郡統治の中心的な拠点でした。
はじまりは鎌倉時代で、1217年に平広忠が地頭代として着任。
乳井の北西隣の岩館に城を構え、曽我姓を名乗るようになります。
その後、曽我氏は大光寺古館の本家と岩館の分家に分かれます。
古館は、大光寺城の北北西約500メートルの所にあったとされます。

1333年に鎌倉幕府が滅びると、北条一族が落ち延びて来ました。
本家の曾我道性がこれを受け入れたため、周辺勢力に攻められました。
曾我道性は滅ぼされ、岩館の分家が大光寺を支配するようになります。
その後、1380年頃に南部氏に攻められて滅ぼされました。

曾我氏滅亡後、安藤氏が大光寺を支配しました。
安藤氏は安部貞任の次男・高星を祖と称する一族です。
鎌倉時代は蝦夷管領で、北海道と青森県の八戸以外を支配していました。
津軽の十三湊を本拠とし、海運を中心に栄えた一族です。
大光寺に入った安東秀光は、五日市に館を築き大光寺姓を名乗りました。
その後、男児が絶えた大光寺氏は、葛西頼清を婿養子に迎えます。
この葛西頼清の代に、南部家との争いに敗れています。
「葛西頼清」でググると1430年頃、1510年頃、1533年と色々出ます。
下国安藤氏と南部氏の争いの時期から、1440年頃と思われます。
安藤盛季は1442年に南部義政に敗れ、蝦夷地へ移っています。
葛西頼清は日本海側の深浦へ移り、元館(深浦館)で暮らしています。

南部氏により新城が築かれました。

時期がよくわかりません。
津軽郡代として1498年、南部信時の四男・達子光康が赴任しました。
達子光康は堤ヶ浦(青森市)に城を築き、堤姓を名乗るようになります。
大光寺城にはその子が入り、大光寺経行と名乗ったと思われます。
その後、北信愛が一時城主を務めたとされますが、時期は不明です。

後に南部家の家老となる北信愛ですが、足跡が確かなのは1571年以降です。
北信愛は1571年時点では、三戸と八戸の間にあった剣吉城に居ました。
石川高信が大浦為信に滅ぼされ、田子信直が南部晴政に襲われた時期です。
北信愛は田子信直を助け、南部晴政と対立して剣吉城を攻められました。

脱線しましたが・・・
北信愛の後は、子の大光寺光愛が城主でした。
乳井古館の歴史を調べた時には、補佐役の滝本重行が城主でしたあせる
後に大浦為信を攻めた比山六郎・七郎は、大光寺光愛の子のようです。
大光寺光愛は、千徳政吉・大浦為信とともに津軽郡代・石川高信を補佐。
しかし、1571年に大浦為信が石川高信を攻め滅ぼします。
この時に、大光寺光愛は子を連れて安東氏の比内地方へ逃れたようです。
北信愛が絶体絶命の南部信直をなぜ守ったのか、腑に落ちた気がします^^

1576年正月、大浦為信に攻め落とされました。

大光寺光愛が落ち延びた後も、猛将・滝本重行は城を守り続けました。
1575年11月、南部信直が滝本重行に高畑城奪還を命じます。
高畑城は大光寺城の支城でしたが、1571年に乳井建清に奪取されています。
その乳井建清は大浦為信に臣従しており、反南部の最前線でした。
滝本重行は高畑城を攻めますが、乳井建清が善戦し守り切ります。
その間、大浦為信が着々と大光寺城攻略の隙を窺います。
そして翌年正月、年始の隙を衝いて大光寺城を攻略しました。

1579年、滝本重行は比山六郎・七郎兄弟に従って挙兵。
大光寺城を奪還するため、乳井茶臼館・古館・乳井城を攻めました。
乳井建清の留守を衝き、大光寺城攻めの拠点としたのでした。
大浦為信も兵を集め、乳井と大光寺の間の六羽川で激戦となりました。
この戦で大浦為信を追い詰めたものの、大光寺城の奪還はならず。
比山六郎は捕らえられ、処刑されてしまいます。
以後、滝本重行は安東氏のもとを去り、南部へと移りました。
一方、乳井建清は大浦為信の下で手柄をたてて家老となります。
そして1582年、大光寺城の城主となりました。

1609年、籠城戦の舞台となりました。

1601年、津軽建広が城代となりました。
津軽建広は元は後北条氏お抱えの外科医でした。
後北条氏滅亡後は浪人となり、何かのツテで津軽家に仕えました。
なぜ津軽姓かと言うと、津軽為信の娘婿だからです。
相当な気に入られようです。
1607年、津軽家でお家騒動が始まりました。
津軽為信の子・津軽信建が没し、家督を弟の津軽信枚が継ぎました。
津軽建広は津軽信建の子が継ぐべきだと幕府へ直訴しました。
しかし、この直訴は退けられ、津軽信枚の家督継承が正式に決まります。
1609年、幕府公認の当主となった津軽信枚は、熊千代派を粛正。
津軽建広も城を追われることとなります。
しかし、津軽建広らは退去に応じず、籠城戦を繰り広げました。
最終的には津軽建広は退去し、江戸へ移りました。
この頃から中断していた弘前城の築城が再開。
その建築材として利用され、大光寺城は廃城となりました。
亀甲門が弘前城にあったのは、このためだったんですね!


所在地:青森県平川市大光寺字三村井

青森県の城跡/なぽのホームページを表示