宇部館/岩手県久慈市 | なぽのブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

岩手県のラストは宇部館です。
訪問日は2017年5月5日です。

宇部館【1】

宇部館には駐車場がありませんが、近所にイイ所あります合格

宇部館【2】

有名な人の生誕地で、大きな銀杏の木が有名!なんだそうです。
私はあんまり興味はありませんが、利用させて頂きました。

宇部館【3】

駐車場から橋を渡ってすぐ反対側の奥が宇部館跡です。
そう書きつつ、手前の住宅街は江戸時代の代官所跡だったりします。

宇部館【4】

登城口にある石碑の文字は、久慈市長による揮毫でした。
南部藩の代官所は、九戸郡22ヶ村を管轄した野田通代官所です。
その隣にある白い板は、宇部館についての説明板です。

宇部館【5】

字がいっぱい書かれています。
私のブログよりもきっと中身が濃ゆいと思います(´艸`;)

宇部館【6】

入口の坂道を上がったら、一気に細長い平坦面に出ました。
この平坦な曲輪が一番奥まで続くので1つの曲輪かと思いましたが・・・
発掘調査の報告書を拝見したら、4つか5つに分かれていました。
間に堀か土塁があった筈ですが、今ではわからなくなっています。

宇部館【7】

虎口っぽい所から振り返ってみました。
眺めはとても良さそうです。
宇部氏はこちら側を見張る必要がありましたので。

宇部館【8】

一番奥にあるのが八幡神社です。
そのため、八幡館とも呼ばれるそうです。

宇部館【9】

八幡神社の背後は、バックリ土がむき出しになっていました。
何か工事してるのかと思えばそうでもなし。
城跡の背後だけこうなっていました。

宇部館【10】

工事なら崩しそうな土塁と虎口が、よくわかる形で残されています。
実はこれ、道路工事の前段階の発掘調査の跡でした。
2020年度の末に、三陸沿岸道路がココに開通する予定です。
「2020年撮影」の航空写真ではまだ残っていますが・・・
新型コロナの影響で遅れているとはいえ、そう長くはないと思います。

宇部館【11】

主郭裏にある大きな堀切は二重堀です。
2つの堀切を隔てる土塁があり、その真ん中が低くなっています。
堀の深さや構造から、これは15世紀終盤に掘られたものらしいです。

宇部館【12】

堀切の城側は、高く鋭くなっています。
堀切の反対側が発掘されているのは、そっち側に遺跡があるからです。
北ノ越遺跡と呼ばれ、平安時代の建物跡も見つかっています。
発掘調査は2014年に行われ、写真ではもっと深く掘られていました。
どうせ道が出来るからと、風雨に晒されているのかもしれません。


◆歴史◆

宇部氏の城として築かれました。

宇部氏は出自不詳ですが、平清盛嫡男の御落胤の子孫だとしています。
その根拠が江戸時代に書かれた家系図で、通字が「盛」の字です。
真偽の程は┐(´∀`)┌???なので、ツッコミようがありません。
その家系図通りとして、宇部氏の歴史は鎌倉時代初期まで遡ります。
「盛」の通字は5代続き、室町時代になった所で途切れます。

野田氏と争ったと考えられます。

野田は宇部の南に位置し、野田氏が本拠としました。
野田氏は蜷川新右衛門親正を祖とすると自称しています。
蜷川新右衛門って、一休さんに登場する武士ですねw
実際は一戸氏の支族と考えられており、代々野田を支配していました。
宇部氏は1400年代に野田氏と対立し、一時野田姓を名乗りました。
「野田」は野田荘の盟主と表す名であり、隆盛を誇ったものと思われます。

永正年間(1504-21)に野田氏の居城となりました。

南部義親が野田清政を破り、野田氏が従属するようになりました。
この時に野田清政は宇部姓に復姓し、宇部館を退去しました。
代わって南部義親が居城とするようになります。
尚、それまでの南部氏の居城は野田古館と呼ばれるようになります。

1592年、廃城となります。

1591年の九戸政実の乱で、野田氏は南部信直に味方しました。
そのため、北隣の九戸方・久慈氏と対立しています。
乱の鎮圧後、野田家臣の宇部氏が、久慈氏残党を討ち取っています。
翌年、豊臣秀吉の命令により、南部家中の城が多数破却されました。
その中に宇部館も含まれており、「野田城」として廃城にされています。
江戸時代、宇部館の麓に盛岡藩の野田通代官所が置かれました。


所在地:岩手県久慈市宇部町字十三塚 GPSログダウンロードページ

岩手県の城跡/なぽのホームページを表示