久慈城/岩手県久慈市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

久慈城は、藪化一歩手前だったのが印象的だったお城です。
訪問日は2017年5月5日です。

久慈城【1】

久慈城跡には迷わず辿り着きました。
駐車場真正面の道端に、とてもきれいな案内図があります合格

久慈城【2】
拡大表示

案内図の中の、城跡部分だけにクローズアップしてみました。
こうして見ると、独立丘陵っぽい舌状台地を堀切で切り離しています。

久慈城【21】

訪問時に印刷して持ち歩いていた図です。
私のメモ、同じ言葉がヤケに目立ちますあせる

久慈城【3】

案内図からすぐの所に、馬場跡の標柱があります。
馬場なので「細長い平坦地が伸びてるんだろな」というイメージです。

久慈城【4】

これが、その馬場跡ですクローバー

久慈城【5】

馬場脇には、城内へ上がる階段があります。
この感じは、廃城後に出来た道ですね。

久慈城【6】

階段を上がってすぐの所に天王社があります。

久慈城【7】

神社の右側には、そこそこ広い平坦地が広がっています。
図を持っていなければこちらへ進みたくなりますが・・・

久慈城【8】

神社の左側に、後付け感たっぷりなコンクリートブロックの列が。
往時の通路ではなさそうですが、クローバーが密なのでこちらへ進みました。

久慈城【9】

山道を登ると、轍のある道に出ました。
右に進むべきか、左に進むべきか。
その場には案内が無いので、図が無ければ迷っていました。
ここでは右へ進むのが正解です。
(左へ進むと最初の車道に出ます)

久慈城【10】

道を右へ進んだ先に、大きな平坦地がありました。
そこには、崩れた茅葺屋根の四阿があります。
ここが、案内図に赤い印のある三郭です。

久慈城【11】

すぐ隣には二郭の城塁があり、5メートル程の高低差があります。
どこから登ろう?という感じですが、この写真の所から登っています。

久慈城【12】

登った所が二郭で、ここにも建造物がありました。
誰か出て来たらどうしよう?なんて、ちょっとだけ怯えていました。
でも、大丈夫!
私が訪ねた時には誰も居ませんでした(*´▽`*)

久慈城【13】

二郭と主郭も段差があります。
こちらは2メートル程です。
ここも笹に囲まれているので、どこからでも同じ~
ということで、ここから直登ですw

久慈城【14】

主郭です。
ここには建造物はありませんでした。

久慈城【15】

さんざん笹藪を掻き分けたのですが、久慈城はまだまだ終わりません。
だって、案内図では奥にイイモン描かれていました。
主郭からそっち方向へ進んでみたらありましたラブラブ
私は標柱無くてもわかります^^

久慈城【16】

反対側から見ると、段差が歴然としています。
こっちらから近づいて欲しくないオーラが全開です。

久慈城【17】

堀切の向こう側にも、細長い曲輪があります。
なんとなくですが、こちらの方が笹が若干薄い気がします。

久慈城【18】

曲輪の先端には、天王社と同じくらいの規模の神社がありました。
雪国なので、山中の神社はこれくらいがメンテナンスしやすそうです。

久慈城【19】

神社の近くから、下りていく道があります。
ここも堀切っぽい雰囲気があります。

久慈城【20】

参道は下の舗装道に続いています。
見上げると、やっぱり真っすぐでした。
鳥居を見て、はじめて稲荷神社だと知りましたw


◆歴史◆

久慈氏の居城でした。

別名は新町館、八日館とも呼ばれ、南部一族の久慈氏の居城でした。
築城年は不詳ですが、11代目の久慈信実が築いたと考えられています。
久慈信実は南部家当主・南部時政の次男で、久慈家の養子となりました。
南部時政は1410年生まれ1473年没なので、その間だと思います。
津軽地方を席捲した津軽為信は、この久慈家出身とする説が濃厚です。
久慈信実の玄孫に当たり、大浦家の養子となっています。
大浦為信は南部晴政と対立した石川高信を攻め、勢力を拡大しています。
戦国時代には九戸政実の弟が久慈家を継ぎ、久慈政則となりました。

1592年、廃城となりました。

1591年の九戸政実の乱では、久慈政則は兄に味方しました。
そのため乱鎮圧後に捕らえられ、兄とともに処刑されています。
養父の弟・久慈治光は病と称し出陣せず、南部家に仕えました。
孫の代からは、領地の摂待姓を名乗るようになります。
久慈城は南部信直の直轄となります。

翌年、豊臣秀吉の命令により、南部領内の多くの城が破却されました。
その中に久慈城も含まれており、その代官を久慈治興が務めています。
ググった中では、久慈政則や久慈治光との関係が?でしたあせる
摂待氏が「治」を通字としており、そっち系統の人物かもしれません。


所在地:岩手県久慈市大川目町字新町 GPSログダウンロードページ

岩手県の城跡/なぽのホームページを表示