浄法寺館/岩手県二戸市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

浄法寺館は大きな曲輪と大きな堀で構成されています。
訪問日は2017年5月5日です。

浄法寺館【1】

浄法寺館は、安比川西岸の河岸段丘上にありました。
堀跡は舗装された車道になっており、アクセスには困りません。
私は福蔵寺から出発し、反時計回りにそれぞれの曲輪を見て来ました。
どっち回りなのかは決まっておらず、完全に「その時の気分」次第です。

浄法寺館【2】

お寺の駐車場から北東へ進むと、お寺の脇の門があります。
こっちも道沿いなので、出入口作りますよね^^
古風な建物なので、ついつい城門を想像して撮ってしまいます。

浄法寺館【3】

道は切通状になっており、両脇に断崖が迫っています。
多少削ってはいるようですが、堀をそのまま利用した感じがします。

浄法寺館【4】

右カーブの右側に、八幡館に上がっていけそうな道見つけました(+◇+)
最初の曲輪だ~と、ちょっとドキドキしながら登りました。

浄法寺館【5】

道は途中で折り返し、確実に上の平坦面へと続いています。

浄法寺館【6】

坂道の上にある八幡館です。
広い平坦地です。
草が刈られており、どうやら畑のようです。

浄法寺館【7】

元の道に戻り先へ進むと、今度は反対側に上がる道が。
この上が、浄法寺館の中心にある大館です。
上がれそうな道はとことん上がって見ます。

浄法寺館【8】

大館に上がった所には、小さな神社があります。
早速挨拶に向かうと・・・

浄法寺館【9】

中から神様が御出ましになりました。
神様って、やっぱり猫型だったんですね(=・ω・=)ニャー

浄法寺館【10】

曲輪内部は、とても広く平らでした^^

浄法寺館【11】

東側は切り立った断崖になっていて、フェンスが巡らされています。
眼下には、浄法寺の街並みを見下ろすことが出来ます。
プチお殿様気分(`・∀・´)v

浄法寺館【12】

南東側を見たので、今度は浄法寺館の中心部へ。
なるべく近道したつもりでしたが、地図見るとかなり遠回りしてますあせる
ココは大館と新城館の間を通る堀跡の道です。
何だかこの感じ、鹿児島のシラス台地ザックリ堀と似ています。

浄法寺館【13】

堀底道の右カーブの左側に、上がっていく道が現れました。
先ほど見た大館の反対側に上がっていく道です。
もちろん、選択肢は「上がる?」or「上がる?」デス。

浄法寺館【14】

ハイ、広い畑でしたw

浄法寺館【15】

堀を挟んだ反対側が、新城館です。
あちらも綺麗に耕されているようです。

浄法寺館【16】

元の道に戻って進むと、今度は左側に谷が現れます。
縄張図的には、大館と西館の間にある大堀切ですラブラブ
奥まで続いていますが、当日の私はすぐそこまでしか進んでいません。
曲輪も入口から見ただけ。
3年前の私の脳内は?ですが、急いでいたのかお腹が痛かったのか・・・

浄法寺館【17】

元の道に戻り、もう少しだけ進むと説明板があります。
せっかくなので、堀のカーブを圧縮しながらカメラ

浄法寺館【18】

さらにもう1枚、少し離れた所にあります。

浄法寺館【19】
拡大表示

こちらは年季が入っていますが、航空写真付きの中々凝ったものです。

浄法寺館【20】
拡大表示

図もあったので拝借したのですが・・・
錆でかなり見づらかったので、IT力を駆使して少し見やすくしました。
(錆の色を白っぽい色に置換しました)
元と比べればかなり改善してますが、何となく雰囲気を感じて下さいあせる
方位は左が北です。

浄法寺館【21】

何だかすごく大きな城跡なのに物足りない・・・
ということで、目の保養に堀底道です。
図の現在地から右斜め上を向いて撮ってます。

浄法寺館【22】

アノ日の私は、説明板の後ろの道を上がらず進んでいます。
田んぼに下る道に出た所で、西館の外縁にある犬走っぽい所を歩きました。
ここから道無き道を進むと福蔵寺の境内に出て、一周終わりです。


◆歴史◆

浄法寺氏の居城でした。

浄法寺氏は、畠山重忠の三男・重慶を祖とする一族です。
畠山重忠の弟から始まる、とする説もあります。
そちらの説でも、畠山重慶が養子として跡を継いだとされます。
畠山重忠は1205年、北条時政により濡れ衣を着せられ註されました。
この時に難を逃れた三男・重慶が、出家して奥州に移りました。
(出家していて難を逃れ奥州で還俗した、という説もあります)

南部家に従うようになります。

説明板では14代めの浄法寺重恒が南部家に従ったとあります。
年代は南北朝時代で、南部守行の時代です。
浄法寺氏は二戸郡を支配し、松岡、太田、駒ヶ嶺氏などの諸家を輩出。
南部家中では三戸・九戸・八戸氏に次ぐ大身だったそうです。

1601年、浄法寺氏が領地をはく奪されました。

浄法寺重安は九戸政実の乱で、南部方の先鋒を務め活躍。
乱の鎮圧後、5000石に加増されました。
まさに大名の一歩手前という重臣でしたが・・・
1600年、伊達政宗に扇動された和賀忠親が、旧領回復のため挙兵しました。
上杉軍と戦っていた南部軍はそのため一時撤退し、その鎮圧に当たりました。
南部軍の勢いに押された和賀勢は二子城を捨てて、岩崎城に籠城。
そのまま雪の季節を迎えて、双方一時矛を収めました。
南部利直は三戸に撤退し、浄法寺重安の嫡男・重好が警備のため残りました。
しかし、南部軍の主力が撤退後、浄法寺重好は密かに居城に帰りました。
そして、岩崎城攻め再開前にコッソリ持ち場に戻ったのですが・・・
乱鎮圧後に発覚し、知行家禄屋敷没収の上、蟄居の身となりました。
身柄は一族の松岡家に預けられ、浄法寺家は絶家とされました。

浄法寺家の領地がどうなったんだろうと気になりましたが・・・
どうやら南部家の直轄地となり福岡通代官所の管轄となったようです。
福岡通代官所は、浄法寺を含む二戸郡72か村を管轄していました。
おそらく領地没収とともに、浄法寺城は廃城になったものと思われます。
初代の代官は、南部利直の長庶子・南部家直(3)でした。


所在地:岩手県二戸市浄法寺町八幡館 GPSログダウンロードページ

岩手県の城跡/なぽのホームページを表示