大巻館/岩手県紫波町 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

大巻館はとても整備されており、真夏でも堪能できる城跡です。
訪問日は2017年5月4日です。

大巻館【1】

城跡への入口は、道沿いに標柱と説明板があります。
そのすぐ脇の路肩がキモチ広いです。

大巻館【2】

入口から見た城跡への道です。
今思えば、まだ車で行っても良さそうです。

大巻館【3】

轍は杉林の中へと吸い込まれて行きます。
その両脇が土塁っぽく、虎口がここにありそうな感じです。

大巻館【4】

そのまま進むと、ちょっとドキドキな切り株があります。
城跡へはここで左へ曲がります。

大巻館【5】

ここまでなら、4WDではなくても大丈夫そうな感じです。

大巻館【6】

道はそのまま、帯曲輪へとつながっています。
一番奥から振り返ったので、進行方向とは左右逆です。
城内へ向かう時は、右側に城塁が見えます。

大巻館【7】

帯曲輪の突き当りには、小さな祠があります。
これは千手観音様のお堂だそうです。

大巻館【8】

お堂の脇から上がって行く道があります。
この規模のお城なので、本当は道じゃないかもしれませんが・・・

大巻館【9】

上がると、一段上の帯曲輪に出ました。
もう一段上が主郭です。

大巻館【10】

主郭です。
上は平らで広いです。
いつも同じコメントですみません( ;∀;)

大巻館【11】

上から見た帯曲輪です。
こちらは西側のもので、昔は端に土塁があったそうです。

大巻館【12】

私にとっては城跡ですが、世間一般には山なんですね。
両方の意見を取り入れた名前になっていますラブラブ

大巻館【13】

奥へ進むと、土の高まりがありました。
その向こう側が、こっち側よりも若干低くなっています。
これは、もしや、の、アレですね恋の矢

大巻館【14】

主郭と二郭を隔てる堀切があります。
大巻館は、細長い独立丘陵を堀切で隔てた連郭式です。

大巻館【15】

その周りを帯曲輪や横堀で囲まれた構造になっています。
ここら辺ではお馴染みの造りですね♪
こちらは、土塁の上から見た東側の横堀です。

大巻館【16】

ぐるっと一周するため、堀切から西側の帯曲輪に下りました。
せっかくなので、城塁の角度を堪能しますラブラブ

大巻館【17】

帯曲輪に沿ってグルっと反時計周りに進みました。
南端でUターンすると、東側は土塁の付いた横堀となっています。
西側も本当はこんな感じだったのかもしれません。

大巻館【19】

帯曲輪に沿って北へ進むと、やがて左へカーブします。
その先には、最初に見た千手観音様のお堂があります。


◆歴史◆

河村氏の城でした。

河村氏は、相模を本貫地とする一族です。
相模で河村といえば、障子堀が特徴の河村城を思い出します。
調べてみたら、その河村城出身の河村氏でした。

鎌倉時代に築かれたと考えられています。

1189年の奥州合戦の功により、河村千鶴丸が領地を与えられました。
河村氏は源平合戦では平家に味方したため、没落していました。
河村千鶴丸はこれを機に元服し、河村秀清と名乗りました。
与えられた領地は東北地方の3か所です。
まだ兄は領地を没収されたままなので、下向したと考えられます。
ただし、河村秀清は承久の乱で得宗家側で活躍しました。
兄も流鏑馬の腕前を誉められ、領地を回復していました。
しばらくは代官による統治が続いたと思われます。
大巻の地には河村秀興の代に下向したと考えられています。
周辺には一族を配置し、大萱生・栃内・江柄・手代森氏らが派生しています。

南北朝時代は南朝方でした。

河村氏は相模・陸奥の両家ともに南朝方として活動しました。
最終的に両家とも北朝方に敗れ、相模の宗家は領地を失っています。
陸奥の河村家は、奥州管領・斯波家の軍門に降る事で存続しました。
その時期は1355年頃と考えられます。
その後、1384年になり河村秀基が佐比内館に居城を移しています。
ただし、大巻館は廃城にはならなかったと考えられています。

1588年、高水寺斯波家が南部家に滅ぼされました。

斯波家は本家の大崎家同様、戦国時代は次第に勢力を弱めました。
河村氏が仕えていた高水寺斯波家も、南部家と争い領地を削られました。
1573年に敗れた斯波詮真は、南部家から養子を押し付けられました。
しかし、斯波詮直に代替わりした1586年、その養子が出奔しました。
斯波詮直は養子を追って南部領に侵攻しますが、返り討ちに遭います。
稗貫広忠の仲介で和睦したものの、領地を大きく削られます。
南部家は斯波家から出戻った高田康実を、高水寺城近くに配置しました。
斯波家中は動揺し、南部家に内通して岩清水義教が謀反を起こしました。
南部軍が侵攻すると斯波家臣は従わず、斯波軍は敗れました。

この時、河村一族は傍観し、斯波家が滅びるに任せました。
ただ、斯波詮直が落ち延びる際に佐比内館の河村秀政が助けたそうです。
河村秀政は傷を負いましたが、主君を逃がした後は帰農しています。
また、大萱生玄蕃は頼って来た斯波詮直を匿い、南部軍に包囲されました。
そのため一緒になって落ち延び、大萱生玄蕃も帰農しています。
その後の大巻館については伝わらず、廃城になったものと思われます。


所在地:岩手県紫波郡紫波町大巻字花立 GPSログダウンロードページ

岩手県の城跡/なぽのホームページを表示