黒岩城/岩手県北上市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

黒岩城は、和賀氏最初の本拠・岩崎楯だったと考えられています。
訪問日は2017年8月7日です。

黒岩城【1】

黒岩城跡は普通に集落となっています。
主郭の南側の道沿いに、お寺の大きな駐車場があります。

黒岩城【2】

そこから徒歩で北へ進むと、住宅街の入口に白い標柱があります。
そこには「和賀氏ゆかりの地黒岩城跡」と書かれています。
もちろん、この道へ入って行きます。

黒岩城【3】

すると、途中で2メートルほどの段差がありました。
これが主郭を囲む堀の跡です。

黒岩城【4】

道の反対側にも堀跡が続いています。

黒岩城【5】

奥へ進むと、ずっと先まで続いていました。

黒岩城【6】

元の道に戻って更に進むと、説明板と鳥居が並んだ広い場所へ。
主郭の真ん中はほぼ畑ですが、その一角にこれがあります。

黒岩城【7】
拡大表示

説明板に載っている図です。
こうして見ると、かなり大きな城だったことがわかります。

黒岩城【8】

説明板からしばらく奥へ進むと、千曳城の城塁の名残がありました。

黒岩城【9】

続いて、南側を見てきました。
ここは正洞寺の南側にある黒岩地区交流センター周辺です。

黒岩城【10】

コンクリートで覆われていますが、地形は元々こうだった感じです。

黒岩城【11】

この道は絶対に堀跡ですねラブラブ

黒岩城【13】

さらに南側の元館・・・の1つ北の曲輪周辺です。

黒岩城【14】

この辺の道は、どこも堀跡にしか見えません。
肝心の元館は見逃しましたあせるあせるあせる


◆歴史◆

和賀氏初期の居館だったと考えられています。

和賀氏は鎌倉時代初期に和賀郡に来ました。
その最初の居城である岩崎塞が、元館だったと考えられています。
岩崎塞には和賀義盛・義治・時義が居城としていました。
和賀氏はその後、二子城へと居城を映しました。

1476年、柏山氏と和賀氏の戦場となりました。

1470年頃から、和賀氏は葛西氏勢力との争いが続きました。
1470年には葛西氏、1471年には江刺氏と戦っています。
主戦場は対岸の相去だったようですが・・・
1476年には葛西氏の重臣・柏山氏に黒岩城が攻められています。
同年に和賀氏が南の金ヶ崎氏を討っており、相去が境となっています。
これは北上川の西側ですが、東側ではすぐ南に浮牛城があります。
ここには江刺氏が入っており、戦国時代まで緊張が続いたようです。

戦国時代に千曳城が築かれました。

1561年、和賀義治の長男・義信に黒岩が分知されました。
これは和賀義信が盲目で家督を継げないための措置でした。
元々は小田嶋主殿の領地でしたが、同じ石高で領地換えとなっています。
小田嶋主殿は和賀義信の後見となり、片月館に館を構えました。
和賀義信は黒岩月斎を名乗り、新たに千曳城を築き居城としました。
和賀・稗貫一揆を起こした和賀義忠は、黒岩月斎の弟です。
小田嶋氏は領地と居館が離されており、何となく懲罰的に感じられます。
もしかしたら兄弟で争いがあり、月斎を支援していた?のかもしれません。

1590年、廃城になったと考えられます。

奥州仕置きにより、和賀家が改易されました。
これを不服として和賀義忠と稗貫広忠が、和賀・稗貫一揆を起こしました。
一時は両者ともに旧領を占拠しましたが、雪解けとともに討伐されました。
黒岩月斎がどうしたのかが???です。
伊達家に仕えた松山和賀家は、月斎の子孫だとする説があります。


所在地:岩手県北上市黒岩 GPSログダウンロードページ

岩手県の城跡/なぽのホームページを表示