水沢城/岩手県奥州市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

水沢城は留守家の子孫・水沢伊達家の江戸時代の居城でした。
訪問日は2017年8月7日です。
バタバタしていて、更新が滞っていますm(__)m

水沢城【1】

城跡は現在、奥州市役所があります。
2市2町1村が合併して出来た市の中心部となっています。
今も昔も、この辺りでは中心的な場所だったんですね合格

水沢城【2】

この庁舎の一角に、冠木門があります。
かな~シンプルですが、実はこれ、復元でもオブジェでもなく本物ですラブラブ
正式な名前は「黒門」で、腐食防止のため黒く塗られた事に由来します。

水沢城【3】

せっかくなので、誰も紹介していない裏側も載せます。
屋根は無さそうですが、両サイドに塀があったかもしれません。

水沢城【4】

近くには姥杉の説明板があります。
文字がいっぱい書かれているのでザックリ紹介すると・・・
土塁に植えられていた杉や松の生き残りの1本だ、という事でした。
ガッツリ市街地になっても、ちょこちょこと残ってるんですねラブラブ

水沢城【5】

他にも、縄張図の描かれた説明板もあります。
だいぶうっすらとしています。

水沢城【6】
拡大表示

せっかくなので、図だけパクリます。
現地では設置位置の都合で、西が上に描かれています。
あと、超薄っすかったので、濃くなるよう加工しています。
現状は完全に市街地ですが、地図を見ると何となく!!!デス^^


◆歴史◆

築城時期は不明です。

伝承では、源義頼が1057年に築いたとされています。
別の伝承では、葛西家臣の蜂谷氏による築城説もあります。
始まりはわかっていませんが、葛西氏による胆沢支配の拠点でした。
1400年には若狭を出奔した佐々木繁綱が居城とした、とする説もあります。
少しだけ触れると、安芸守護・武田家が若狭国の守護も兼任。
その家督争いに敗れた武田信広が、佐々木繁綱ら数名とともに出奔。
暫く古河公方を頼り、南部家領の奥州へ移った、という感じです。
武田信広はさらに蝦夷地へ移り、蠣崎家を継いだとされます。
詐称なんて説もあり、定かではありませんが・・・あせる

1590年、木村吉清家臣・松田源太郎左衛門が配置されました。

豊臣秀吉の奥州仕置きにより、陸奥では多くの大名が改易されました。
葛西家と大崎家の領地は、豊臣家臣・木村吉清・清久父子に与えられました。
この時、その家臣・マツダ源太郎座衛門が水沢に配置されましたが・・・
その期間が短か過ぎたせいか、どんな人物なのかが???ですあせる

1591年、伊達家臣・白石宗実が城主となります。

一揆を木村父子の責任にし、その一揆を鎮める事で領地を得る。
そんな伊達政宗の思惑により、葛西大崎一揆が起きたとされます。
伊達政宗は思惑通り、葛西家と大崎家の旧領を手に入れました。
しかし、先祖代々の主な領地と会津を没収されましたが・・・
水沢には、伊達政宗の側近・白石宗実が入りました。

1601年、白石宗直が登米郡へ移されました。

関ヶ原の戦の際、陸奥では南部家臣・和賀忠親が岩崎一揆を起こしました。
これにより、南部軍は上杉軍どころではなくなりました。
伊達政宗はこれを口実に様子見を決め込んで兵力を温存。
あわよくばなんて魂胆も、徳川家康にバレてしまいました。
この岩崎一揆は白石宗直が主導したという事で、領地を没収されました。
その後は仙台藩直轄となり、柴田氏、石母田氏が代官を務めました。

1629年、伊達宗利が城主となります。

伊達宗利は留守政景の子です。
留守政景は伊達輝宗の実弟で、留守家を継いでいました。
奥州仕置きで領地を失い、伊達政宗の家臣となります。
1593年に伊達姓の名乗りを許され、正式に伊達一門扱いとなります。
関ヶ原の戦では、上杉軍との長谷堂城の戦で活躍。
一関2万石を与えられていました。
1607年に留守政景は没し、子の伊達宗利が継承。
その後、金ケ崎を経て水沢城主となりました。
一国一城令後は水沢要害でしたが・・・
以後、明治に至るまで水沢伊達家の居城となります。


所在地:岩手県奥州市水沢区大手町1丁目

岩手県の城跡/なぽのホームページを表示