前沢城/岩手県奥州市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

前沢城跡は現在、お物見公園となっています。
訪問日は2017年8月7日です。

前沢城【1】

前沢城は、舌状台地の先端部にありました。
その付け根の所に駐車場があります。
駐車場から公園(=城跡あせる)へ!という所です。
何となく、虎口っぽさが感じられます。

前沢城【2】
拡大表示

ここに公園の案内図があります。
お城の縄張りが感じられればと思いましたが、ほぼ桜の分布図ですあせる

前沢城【3】

公園内部はこんな感じです。
まぁ、期待はしていませんでしたが、それ以上ですw

前沢城【4】

早速ですが、石碑が現れました。
真ん中でポッキリ割れているのは、地震のせいでしょうか・・・

前沢城【5】

来ちゃったのだから、せめて一周しようと外周を歩いてみました。
公園の端っこに舗装された歩道が巡っています。
でも、何だか、城キチの心を揺り動かすこの感じは・・・

前沢城【7】

土塁ですねラブラブ
ガッツリ公園で、初めて具体的な城跡らしさを感じられました。

前沢城【6】

奥の方には、ちゃんと城址碑もあります。
先ほどの折れた石碑の正体は、今の所?です。

前沢城【8】

公園は反時計周りに回りました。
だいぶ戻って来た所に、横への出入口があります。
ここもちょっと何かが引っ掛かります。

前沢城【9】

外側から見た先ほどの出入口です。
これ、堀切ですね恋の矢恋の矢恋の矢
これだけガッツリした公園で、堀切が見られるとは思いませんでした。

前沢城【10】

さらに、駐車場脇の出入口にも堀切が。
一番最初の写真の左奥が、実はここでした。
最初は遺構が見られるとは思っておらず、気が付いていませんでしたあせる

・・・最後に
地図を見ていたら、南東に「移築大手門」の文字が見えました。
ストビューで見ると、立派な門があります。
これから訪ねる方は、ぜひこちらもお見逃しなくあせる

◆歴史◆

柏山家の重臣・三田氏の居城でした。

築城時期は不明ですが、三田氏が居城としていました。
三田氏は、柏山氏に従って1189年の奥州合戦後の当地に来たとされます。
柏山氏は独立勢力ですが、葛西氏と行動を共にする事がよくありました。
天文の乱の際は葛西高信とともに伊達晴宗派でした。
乱終結後、三田重明は葛西高信から直接感状が与えられています。
しかし、これは葛西家による柏山家臣の切り崩し策だったともされます。
それでも三田氏は、柏山家への忠節を守り続けています。

1588年、三田義広・義勝父子が自害しました。

三田義広の子が大崎家に仕官するという噂が立ちました。
三田義広は智勇に優れ、柏山家中で重きを為していました。
そのため、事態を重く見た柏山明宗が三田氏討伐に動きました。
しかし、永徳寺と正法寺の僧が柏山明宗を諫め、考えを改めました。
両者の調停のため、永徳寺と正法寺の僧が三田義広を訪ねましたが・・・
その目の前で、三田義広が自害してしまいました。
三田義広は戦働きで、度々葛西晴信から恩賞が与えらえていました。
柏山明宗または葛西晴信が三田義広を恐れ、謀殺したとする説があります。
数人の子の内、三田義勝は柏山家を離れ、最終的に南部家臣となりました。

1591年、伊達家臣・大内定綱が城主となりました。

大内定綱は権謀術数に優れ、槍の名手でもありました。
かつては伊達政宗を騙し、居城を追われた事もあります。
しかし、1589年の蘆名家との決戦直前に伊達政宗に鞍替えします。
よく許したと思いますが、蘆名軍が嫌がる場所を差し出したためでした。
前沢城主となった大内定綱は、麓に館を築いてそこを政庁としました。
以後、仙台藩の前沢要害として、明治まで続きました。


所在地:岩手県奥州市前沢区陣場(お物見公園)

岩手県の城跡/なぽのホームページを表示