薄衣城/岩手県一関市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

薄衣城(うすぎぬじょう)は、千葉一族・薄衣氏の居城でした。
訪問日は2017年8月6日です。

薄衣城【1】

薄衣城は、県道186号線沿いの断崖の上にありました。
その道沿いに見学者用の駐車スペースがあります。

薄衣城【2】
拡大表示

ここにある縄張図です。
登城口はちょっとだけ戻った所にあるのがわかります。

薄衣城【3】

ここが登城口です。
歩いて5分と言われると、つい「本当?」なんて思ってしまいます。
その脇にある標柱には、搦手口と書かれていました。

薄衣城【4】

入口はちょっと暗い感じでしたが、道はとても整備されています合格

薄衣城【5】

さらっと登って、3分で開けた場所に出てきました。
この感じ、ここは虎口っぽいです。

薄衣城【6】

最初に着いたのが二郭です。
これで二郭?という位に広いです。

薄衣城【7】

上の写真は、上がって来た登城路から右を向いた光景です。
反対側を向くと、もう1段高い所へと続く道が見えます。
草に覆われた虎口、イイですねラブラブラブラブラブラブ

薄衣城【8】

ここでガサッと、結構大きな物音がしました。
かなり大きな獣が、至近距離で急に動き出しました。
生命の危機を感じつつ、視線の先にいたのはコイツでした。
鈴を鳴らしてても10メートル位まで気付いてくれないおっとりさんです。
これでも一応国の特別天然記念物ですw

薄衣城【9】

虎口から上がって見た二郭です。
こんな風に見下ろせる場所こそが主郭ですよね。

薄衣城【10】

ということで、ここに「本丸跡」の標柱があります。
一番高い所にも、かなり広い曲輪が広がっています。

薄衣城【11】

先ほどの標柱から少し離れた所に、とてもきれいな説明板があります。

薄衣城【12】
拡大表示

この説明板に描かれている図です。
県道からは断崖の上でしたが、こうしてみると登城路が沢山あります。
ここにこの図があることで、次にどっちへ進むかがわかりました。

薄衣城【13】

主郭の端っこに、物陰に入り込む轍が見えました。
何気なく見ていると「あぁ、ココって車で来れるんだ」で終わりそうです。
でも上の図を見て「この先にも曲輪があるんだ」と、こっちへ進みました。

薄衣城【14】

ここに堀切があります。
こっとに来ようと思わなければ見られない遺構ですラブラブ

薄衣城【15】

ただ、三郭四郭はちょっとわかりづらいです。
この雑草茂り放題の荒れ地が、たぶんどっちかだと思います。
一応平らではありますのでクローバークローバークローバー

薄衣城【16】

登って来た道は搦手でした。
四郭→三郭→主郭のこっちは大手道なのかもしれません。


◆歴史◆

1253年、千葉胤堅により築かれたとされます。

1252年、鎌倉幕府の命令で上洛。
将軍・宗尊親王に従い鎌倉へ下向し、奥州の押さえに任命されました。
その居城として築かれたのが葛丸城で、薄衣城の前身となりました。

時々葛西氏と争いました。

薄衣氏の系図は2通りあり、よくわからないそうです。
あれこれ拝見してると、3代目は葛西家から来た養子だったりします。
1339年には、薄衣氏は葛西高清に攻められています。
葛西高清は南朝方でしたが、この頃から北朝方に寝返っています。
1439年、薄衣清益が戦死した時にも、葛西家から養子が来ています。
こんな感じで、家臣という訳ではなく、独立勢力として活動したようです。
1510年、一族の金沢氏と争って敗れました。
以後の薄衣氏は一時的に表舞台から姿を消します。

1570年代から、薄衣甲斐守が活躍します。

この頃までの薄衣氏の活動はよくわかっていません。
1570年代になると、富沢氏とともに流荘を攻めています。
流荘って、金沢氏や寺崎氏の支配地域ですね・・・
1580年には、葛西家当主に代わって上洛しています。
これってもう、重臣ですよね?

1590年、葛西家とともに滅びました。

奥州仕置きにより葛西家が改易され、薄衣氏も領地を失いました。
東北地方では多くの大名が同じような目に遭っています。
その翌年、太閤検地に反発した葛西・大崎家旧臣達が蜂起しました。
薄衣甲斐守もこの一揆に参加し、黄旗千五百騎の大将を務めています。
ただ、この「薄衣甲斐守」の実名が、史料によりバラバラだそうで・・・
誰だったのか、どこで討たれたのかなど諸説あり定まりません。


所在地:岩手県一関市川崎町薄衣畑ノ沢 GPSログダウンロードページ

岩手県の城跡/なぽのホームページを表示