花輪館/秋田県鹿角市 | なぽのブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

花輪館は南部家が秋田家に備えた境目の城でした。
訪問日は2017年8月10日です。

花輪館【1】

当日は、どこがどうだかよくわからないまま歩き回りました。
そのままの紹介すると混乱するので、大手口から搦手口へ順に紹介します。
大手口は城域の南西端にあります。
こんな感じで「さぁ、山にはいるゾ」という雰囲気が漂います。
住宅街になってはいますが、虎口の雰囲気は残っています。

花輪館【2】

大手口から進むと、本館の切岸を見ながら進みます。
この道は南館との間にあり、ストビューで見ると両側が高くなっています。
構造を理解していたら、そんな写真を撮ったのですが・・・
大きな曲輪と曲輪の間を進むので、常に横から攻撃を受ける構造です。

花輪館【3】

さらに進むと、変則的な十字路に出ます。
その右(南側)へ入って行く道の角に、南館の標柱があります。
少しだけ南館方向へ進みましたが、変哲の無さにすぐ戻ってしまいました。

花輪館【4】

南館の反対側に切岸が続いており、そこへ上がる道があります。
この道は、花輪小学校の入口です。
私的には、こっちの方がよっぽど城跡への入口に見えました。
それで小学校側へ吸い寄せられ、十字路を見下ろした所です。
大手道はとても狭く、待ち伏せをして一気に討ち取る感じに見えます。

花輪館【7】

大手道をさらに進むと、こんどは御蔵の下の標柱があります。
本館側にあるので、この真上に蔵があった?のかもしれません。
標柱の真正面には、本館の反対側に上がっていく道があります。
こちらにも入ってみましたが、平凡さにそのままUターンしました。
土塁や堀などがハッキリしておらず、地形だけ残った感じがします。

花輪館【8】

さらに進むと、またしても切岸側へ入って行く道があります。
この先にあるのが、公園の駐車場です。
駐車場脇に、北館跡にある桜山公園に上がる道があります。

花輪館【9】

このすぐ上に、曲輪と曲輪の境目があります。
上から見下ろすこの感じ、たまりませんラブラブ

花輪館【10】

もちろん、堀底からも堪能します。
ここは北館とゆるぎの館の間にある堀切です。

花輪館【11】

ゆるぎの館は、北館の東側にある出城的な曲輪です。

花輪館【12】

北館はかなり広く、芝生の広場の一角に神社が2つあります。
青々と葉を茂らせているのは桜の木です。
春先に訪ねると、綺麗だけどお酒臭い宴会場になってるかもしれませんw

花輪館【図】
拡大表示

北館南側の切岸脇の道端に、公園の案内図があります。
公園の案内図なので、花輪館の北館とゆるぎの館部分しかありません。
無いよりはわかりやすいので、一応パクッテおきます(・<

花輪館【13】

北館の西側には、段々と降りていく道があります。
この道、どう見ても腰曲輪ですラブラブ

花輪館【14】

ゆるゆると回り込みながら下りた所が、特に標示のない駐車場です。
・・・駐車場なのかも?ですあせる

花輪館【15】

駐車場の前にあるこの坂道が、搦手の道です。
このまま上がって行くと、上に紹介した案内図があります。
落ち着いて見ると、ここも堀跡ですねラブラブ
左側が北館、右側が本館です。

花輪館【16】

この道を下った所に、搦手口の標柱があります。
散策を終えて車で次へ向かい始めた時に見つけ、慌てて撮った1枚です。


◆歴史◆

築城時期は不明です。

花輪館は鹿角を治めた中心地だったと考えられています。
その領主は、鎌倉時代に地頭となった安保氏に始まる花輪氏です。
安保氏は、武蔵国加美郡安保郷を本貫地とします。
現在でいう秩父の北端に当たり、上野国と境を接しています。
出羽に赴いた安保氏の次男が花輪次郎です。
花輪氏は南部家に従い、戦国時代まで花輪の領主でした。

1560年代に、南部家と安東家の間で揺れ動きました。

この年代の花輪家当主は花輪親行でした。
花輪親行は1565年、安東愛季に味方して南部方の長牛城攻めに加わります。
長牛城は陥落し、鹿角一帯が安東家の勢力圏に加わりました。
しかし、1568年に南部軍の反攻により、花輪親行は一時花輪を離れます。
1570年頃から、南部晴政と南部信直が家督を巡って争い始めました。
これは、跡継ぎが無かった南部晴政に男児が生まれたことによります。
家督を継ぐ気満々だった南部信直には、想定外の出来事だったようです。
この争いの中で、南部晴政は花輪親行を調略して花輪の地に戻しました。
花輪親行は、反・南部信直派の急先鋒となりました。

1582年、花輪家が空中分解します。

1582年、花輪親行を引き込んだ南部晴政が世を去りました。
その葬儀の直後に、家督を継いだばかりの南部晴継も12歳で急死しました。
家督を継いだ南部信直は、花輪家の領地を没収しました。
花輪親行は南部家中に居場所が無くなり、安東愛季のもとへ去りました。
その後しばらくの城主はわからず・・・
1590年、南部信直は大光寺正親に花輪館の守備を命じました。
お隣の安東家で第三次湊合戦があり、南部家は湊安東家に味方しました。
その湊安東家が敗れ、檜山安東家改め秋田家が勝利したためです。

花輪城は、奥州仕置き後の廃城ラッシュや一国一城令でも廃城にならず。
盛岡藩の5つの要害屋敷の1つとして、明治時代まで続きました。


所在地:秋田県鹿角市花輪中花輪(桜山公園、花輪小学校) GPSログダウンロードページ

秋田県の城跡/なぽのホームページを表示