御所の陣/大分県国東市 | なぽのブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

御所の陣は、何にもわからない山城です。
訪問日は2020年1月12日です。

御所の陣【1】

御所の陣へは、金湧バス停脇から入る林道を通って行けます。
・・・2回目の登場です。

御所の陣【2】

林道を進み、左カーブの所で直進する未舗装道へ入ります。
狭いボコボコの未舗装道を進んで行くと、こんな廃車があります。
この辺りに車を停められます。

御所の陣【3】

ココで道が分岐しており、北への道を進みます。
訪問した時にはピンクのテープで通せんぼされていました。
見たまんまですが、道の真ん中に木が落ちています。

御所の陣【4】

こちらの道を進むと、今度はバスが捨てられています。
この大きさでココまで来れるんだ!と、ちょっと感動しました。
軽でも恐る恐る走る位に狭い山道でしたので。

御所の陣【5】

このバスからちょっと先に、黄色いプレートが木に括り付けられています。

御所の陣【6】

小さくて目立たないのですが、ちゃんと案内ありました合格
若干色は違いますが、ここもテプラです。

御所の陣【7】

ただ、入口の案内からどう進めばいいのかが不明確です。
とりあえずですが、案内の所から10メートル程の尾根に直登しました。
尾根上からは西にしか進めませんが、すぐにオープンな山になります。
雰囲気的にはここを歩くのでしょうが、真っすぐ上がりたくもなります。
どーしよっかな?と思っていた所・・・

御所の陣【8】

木に赤いビニールテープが巻かれているのに気付きました。
これが、ココの登城路であることを示す目印です。
目立たないのですが、よーく目を凝らすと見えます。
この赤いテープを順に辿れば、御所の陣まで辿り着けます。

御所の陣【9】

登り始めて5分程で、最初の城跡っぽい溝が現れます。
高低差がそんなに無いので、歩くだけなら掘る必要が感じられません。
左右を分断するための堀切だったのでしょうか?
削平は甘いものの、この辺りも平らではあります。

御所の陣【12】

そのまま進むと、右側が高くなった所が続きます。
この高まりは、何となくですが土塁っぽさがあります。
向こう側に曲輪がある訳ではありませんが・・・
この道?を北側から見えなくする役割かもしれません。

御所の陣【13】

さらに進むと、右側に見えた土塁を掘り下げた虎口があります。
左側の高まりの上には、例のオレンジ色がありますラブラブ

御所の陣【14】

ここもテプラです(*´▽`*)

御所の陣【15】

虎口の内側は、それまでの道からは想像もつかない広さです。
削平もかなりしっかりしています。

御所の陣【16】

虎口から見て左側(南側)には、膝の高さ程の土塁が残っています。

御所の陣【17】

曲輪は東西に細長くなっており、西端からさらに北へと伸びています。
向こう側が見えない位の広さでした。
時間に余裕が無かったので、入口から見ただけで奥まで行っていません。

御所の陣【18】

西端には、さらに西へと進むような虎口もあります。
虎口の向こう側も見たくなり、こちらは少しだけ進みました。

御所の陣【19】

虎口から先の西側にも、見える範囲では2段の曲輪があります。
こちらもかなり広いです。
あと30分あれば。。。と、後ろ髪引かれる思いで城跡を後にしました。


◆歴史◆

不明ですあせる

御所の「陣」なので、一時的なものであったのは間違いなさそうです。
世間一般の「もしかしたら」が、1580年に築かれた?説です。

1580年、国東半島では田原親貫の乱がありました。
・・・もともとは義父・田原親宏が起こした乱ですがあせる
田原親貫は、大友家最大の分家である田原家の当主です。
書き始めると長くなるので、ザックリと省略します。

田原親貫の義父・田原親宏が、積年の恨みで1579年に挙兵しました。
しかし、これから府中へ攻め込もうという時に、田原親宏が急死しました。
田原親貫は毛利家、秋月家から援軍の約束を取り付け、佐野鞍懸城に籠城。
大友親家・柴田礼能が小門牟礼城に入り、佐野鞍懸城を攻めました。
御所の陣は、小門牟礼城の東側の背後にあります。
「御所」という名から、大友宗麟がここに居た?のかもしれません。
謀反は大友軍が鎮圧し、田原親貫は行方知れずとなります。

もしかしたら2

完全に勝手な想像です。
「御所」という名前から、皇室関係者を連想しました。
そうなると、九州では征西将軍・懐良親王が思い浮かびます。
懐良親王は、鎌倉幕府を倒した後醍醐天皇の皇子です。
伊予を経て1341年、薩摩の谷山城を拠点に島津氏と争います。
その後、肥後の菊池武光に迎えられ、1359年に筑後川の戦で北朝軍に大勝。
大友氏泰はともに戦った少弐頼尚を匿い、何度も南朝軍に攻められます。
大友家は嫡男が南朝方、次男が北朝方となり分裂してしまいました。
1361年には大宰府を制圧するに至り、九州の南朝勢力は最盛期を迎えます。
九州で覇権を握った懐良親王は、1368年、上洛するため東征を開始します。
九州の主だった大名が名を連ね、兵力は7万人だったとされます。
私は、この時に親王がココに陣を敷いたのかな?と想像しました。
東征軍は制海権を掌握しきれず、中国地方の雄・大内弘世に海戦で大敗。
九州探題・今川了俊の反撃などもあり、南朝方は衰退し始めました。


所在地:大分県国東市国東町成仏 GPSログダウンロードページ

大分県の城跡/なぽのホームページを表示