角館城/秋田県仙北市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

角館城は小松山城とも呼ばれ、仙北の大名・戸沢氏の居城でした。
訪問日は2017年8月8日です。

角館城【1】

角館城はこの辺りでは大勢力だった戸沢氏の居城でした。
蘆名氏最後の地でもあります。
蘆名氏といっても、佐竹家に帰って来た養子ですけど。
現在は公園となり、とても整備されています。

角館城【2】
拡大表示

入口にある古城山公園の案内図です。
城キチとしては不安になる類の案内図です。
あまりにも公園らし過ぎると、城跡としてはヤバイからです。
城跡へは管理車道と歩道の2つのルートがあります。

角館城【3】

登る前に、目立つ場所があったのでまずはそこから。
朱色の鳥居のある神社のある所です。
すぐそこに見えていたので立ち寄りました。

角館城【4】

気になったのは、社殿手前の地形です。
石段が土塁に挟まれており、どう見ても虎口です。
公園の案内図を見て不安でしたが、これを見て少しだけ息を吹き返しました。

角館城【5】

こちらがわに「歩道」があります。
山城としてはとても整備された方ですが・・・

角館城【6】

登りは楽そうな「管理車道」から。
「歩道」は下りで歩くことにしました。
管理車道側は遺構が見られる可能性が無いと思いつつ登りました。

角館城【7】

そしたらありました。
主郭に突っ込む管理車道ですが、無理に削った感がありません。
むしろ、元々こうだった所を車が通ったように見えます。
ここが大手っぽいです。

角館城【8】

上から見たらこんな感じです。
これだけだと、防御力は低そうですが、往時はきっと何かあったハズ。
そう思いながら、妄想エンドレスに突入です(`・ω・´)

角館城【9】

主郭内部の様子です。
ここも山のテッペンなのに、とても広いです。

角館城【10】

真ん中にはお墓っぽいのがありました。
こういう所に建てる家もあるなぁと思って見たら、城址碑でした。

角館城【11】

管理車道が入ってきた虎口の反対側に、城跡らしい虎口があります。
下りられるよう足元が階段になっており、ここから「歩道」が始まります。

角館城【12】

少し進むと、すぐしたにある曲輪が見えます。
一面緑に覆われた、山城らしい光景が広がっていますクローバー
一般人にはこちら側は不人気なようです(* ´艸`)

角館城【13】

四阿から主郭をふりかえった所です。
山城や嗚呼山城や・・・・・w
ある程度草があった方が落ち着きますラブラブ
※個人の感想です

角館城【14】

下りは「歩道」を歩きました。
下で思ったよりも、傾斜はキツクありませんでした。


◆歴史◆

築城時期には諸説あります。

ググって出てくるのはみんな判を押したように同じ内容です。
こんな時はアナログの某大聖典をめくってみます。
すると、判よりも色々な事が書かれていました。
たまには役に立ってくれてます合格
その「諸説」は
①南北朝時代末頃に菅氏が築城(1392年頃)
②菅能登守利邦が築城(1423年頃)
③戸沢政保(秀盛?)が築城(1468年頃)
などです。

菅氏は角館氏とも称した戸沢家重臣で、小松山城(ココ)を居城としました。
1423年、菅利邦が小野寺氏と通じ、戸沢氏に対し謀反を起こしました。
そこいら辺の細かい経緯が知りたいのですが・・・
菅利邦を討伐した戸沢家盛が、居城を門屋城から小松山城へ移しました。

ただ、戸沢氏が角館へ進出した時期にも別の説があり・・・
戸沢政保が「角館へ柵を移す」と記した系図もあるそうです。
その時期が1469年で、南部氏が出羽から撤退した直後だったようです。

その後、戸沢氏は小笠原氏と婚姻を重ね、周辺に勢力を拡大。
本堂氏や堀田氏などを家臣化して小野寺氏や安東氏と対抗します。

1603年、蘆名義広が城主となりました。

蘆名義広は会津の大名・蘆名家最後の当主です。
蘆名盛隆の子が夭逝したため、佐竹義宣の弟が養子に入り家督を継ぎました。
しかし1589年、摺上原の戦で伊達政宗に敗れ、蘆名家は滅びてしまいました。
その後は佐竹家に戻り、関ヶ原の戦の後、兄とともに出羽へ移りました。
角館では蘆名義勝に改名します。
角館城は1615年の一国一城令により廃城となり、1620年に破却されました。
この頃から蘆名義勝は、水害に悩まされていた城下町を北麓から南麓に移転。
道幅を広げたり、下水道を整備するなどしました。
蘆名家は1653年に蘆名千鶴丸が3歳で没して断絶。
その後は佐竹北家が角館を支配し、明治まで11代続きました。


所在地:秋田県仙北市角館町古城山 GPSログダウンロードページ

秋田県の城跡/なぽのホームページを表示