白岩城/秋田県仙北市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

白岩城は真夏でも登れる山城です。
訪問日は2017年8月8日です。

白岩城【1】

城跡の南西麓にある登城口です。
駐車場がありますが、バス停がいい目印になっています。

白岩城【3】
拡大表示

駐車場にある「歴宝の里白岩ヒルズ」の案内図です。
白岩城の「館山」を中心に、周囲との位置関係がわかりやすく描かれています。
麓には平城跡が2つあり、周りに神社やお寺もあります。
今は田んぼや杉林になっていますが、城下町があったっぽい感じです。
右端には十六沢城も描かれています。

白岩城【4】

駐車場から見える鳥居のある道が登城路です。

白岩城【5】

そこまでは事前に調べていましたが、いざ進むとこんな感じです。
城跡は右側なのですが、どこから上がるんだろう???となりました。

白岩城【6】

駐車場から2分歩いた所です。
何となく上に行ける道がある、ぽい?
でも、斜めなだけで、道?
ビミョーな感じだったので、迷いつつもスルーしました。
実は、ここから登れます。
帰りはここへ下りて来ました。

白岩城【7】

もうちょっとだけ進んだ所にも、こんな感じの所があります。
こちらは、先ほどよりも草が少なく歩けそうな感じ。
私はここから登りました。

白岩城【8】

入口はちょっと?でしたが、すぐにまともな道になります。
2、3度道が折れながら、6分登った所に大きな曲輪があります。

白岩城【9】

道を探す感じで曲輪を四阿の方へ進むと、上への道がありました。
ここから見ても、短い距離でスイッチバックを繰り返す九十九折れです。

白岩城【10】

四阿から登ること5分で、大きな堀切が現れますラブラブ

白岩城【11】

堀切の堀底道を進むと、今度は段々になった曲輪が現れます。

白岩城【12】

段になった数段の曲輪の先に、茶色い屋根が見えてきました。
ゴールはもうすぐ!

白岩城【18】

茶色い屋根は手前側の四阿で、奥に見えるのが古城神社です。
周りに大きな杉を鎮守の杜に従えた感じで、とてもいい雰囲気です。

白岩城【14】

神社のある奥から見た主郭です。
いつも思うのですが、山の上なのにかなり広い平坦地です。
元々こうだったのか、尖がった山の頂上を削ったのか。

白岩城【16】

主郭の形をGPSで記録しようと外周を歩いていると、土塁がありました。
山城で土塁といえば、その背後にはいい確率でアノお方がいらっしゃいます。

白岩城【16】

ひぃこらキツイ山道を登って出会う堀切様は格別ですラブラブ


◆歴史◆

築城時期は不明です。

白岩城でググっても、その始まりは不明確です。
現地の説明板では、鎌倉時代に下田盛国が在城したと書かれています。
2km弱南にあった十六沢城は、藤原有信家臣・宮藤氏が築いたとされます。
その時期は平安時代なので、十六沢城の方が先だったようです。
1212年か1232年、白岩城主・下田盛国が十六沢城を攻め落としています。
これは、どちらの説明板にも書かれています。
白岩城の歴史は、下田盛国の頃から本格的に始まったようです。

下田氏はその後、白岩姓を名乗るようになりました。

説明板の城主は、1354年が下田盛国、1450年が白岩盛基です。
白岩城の城主・下田氏当初、戸沢氏と争っていました。
しかし、下田盛国は戸沢氏に敗れてその家臣になっています。
戸沢家盛の嫡男・戸沢久盛が下田盛忠の娘を娶っています。
戸沢久盛は1405年生まれ1436年没です。
戸沢家盛は門屋城に居城を移し、周辺を一族で固めた人物です。
門屋地方を固めた戸沢氏はその後、本堂氏も降して勢力を拡大していきます。
確かに名前の「盛」が、戸沢氏から与えられたように見えます。

1590年、廃城となりました。

白岩城は戸沢氏に属する「戸沢三十五城」の一つとして廃城になっています。
戸沢盛安は商人に変装して僅か9人で小田原征伐に参陣。
その行動力を激賞され、名刀「備前兼光」を授けられ領地を安堵されました。
領地を安堵されたのに、これだけ多くの城が廃城になったのか?ですあせる
白岩城は、山城部分の「館山」が廃城となっています。
城主の白岩盛正は、北側の麓に平城を築いて居城としました。
1602年に白岩盛家が、戸沢政盛に従って常陸へ移りました。
代わって入った多賀谷宣家もやはり、白岩家平城近くに平城を築きました。
多賀谷宣家は1610年に檜山城へ移っています。
この時に白岩の平城も廃城になったものと思われます。


所在地:秋田県仙北市角館町白岩前郷山(古城神社)GPSログダウンロードページ

秋田県の城跡/なぽのホームページを表示