十六沢城/秋田県大仙市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

十六沢城は、横堀が凄い山城です。
訪問日は2017年8月8日です。

十六沢城【1】

十六沢城への道は整備されていて、付近の道端に案内があります。

十六沢城【2】

その案内に従って進み、その突き当りに駐車場があります。
城内へ通じる階段の脇に、文字だけの説明板があります。

十六沢城【3】

この階段を登ること2分程で、左側に横堀が現れます。

十六沢城【4】

この横堀、堀好きにはヤバイですラブラブ

十六沢城【5】

かなりハッキリ残っているうえ、真夏でも歩けます。
しかも、かなり長くてほぼ原形を留めていそうです。
歩いた距離で測ったら、75メートル程ありました。

十六沢城【6】

また元の道に戻り、さらに登って行きます。
山城らしからぬ緩やかな道です。

十六沢城【7】

もう主郭が見えていますが、やはり緩いです。

十六沢城【8】

主郭到着です。

十六沢城【9】

・・・と思ったら、かなり遠く離れた所にも四阿が見えます。
その間、木々が視界を遮るものの、どうやら平坦な一つの面のようです。
ここの主郭は、山城ながらかなり長いです。

十六沢城【10】

一番奥に、城址碑と四阿があります。
こちらの四阿からは、麓の様子がとてもよく見えます。


◆歴史◆

10世紀に宮藤六兵衛が築いたと伝わります。

藤原有信の命令により、宮藤六兵衛が築いたとされます。
すぐ北にある白岩城も、同じ事が伝わっています。
近いので、同じ人物がそれぞれ築いた可能性があります。
「宮藤六兵衛」でググると、藤原正重という人物がヒット。
その子・藤原景通は、源頼義に従って前九年の役に参戦。
「七騎武者随一」と絶賛され、子孫は加藤氏になったそうです。
十六沢城の説明板では「1057年に焼亡した」とあります。
前九年の役で安部軍に攻められたのかもしれません。

1212年、白岩城主により攻め落とされました。

これまた状況がサッパリわかりませんあせる
攻め落とした人物も善ェ門、善衛門、善右衛門、善左衛門など様々。
「善」と「門」の間は、サイト様によりバラバラですw
なので白岩城側で調べると、この頃の城主は下田美濃守盛国です。
下田盛国は1232年、十六沢城を攻め落として一時在城しています。
以後、十六沢城は白岩城の支城になったそうです。
ただ、同じ説明板の次の行で、120年後にも下田美濃守盛国が登場。
そこでは戸沢氏に攻められた事になってます。
どこまで信じて良いのか???ですあせる

天正年間(1573-93)に廃城となりました。

白岩城の城主・下田氏当初、戸沢氏と争っていました。
しかし、最終的には戸沢氏に従い、その宿老となっています。
色々調べたら、戸沢家盛の嫡男・戸沢久盛が下田盛忠の娘を娶っています。
戸沢久盛は1405年生まれ1436年没です。
戸沢家盛は門屋城に居城を移し、周辺を一族で固めた人物です。
門屋地方を固めた戸沢氏はその後、本堂氏も降して勢力を拡大していきます。

天正年間は激動し過ぎな時期なので、具体的な時期が欲しい所ですが・・・
この時期で怪しいのが、1590年です。
戸沢盛安は商人に変装して僅か9人で小田原征伐に参陣。
その行動力を激賞され、名刀「備前兼光」を授けられ領地を安堵されました。
しかしこの時に、戸沢三十五城に数えられた城が廃城になっています。
なぜ領地を安堵されたのに、これだけ多くの城が廃城になったのか?ですあせる
この時に十六沢城の主城である白岩城も、山城部分が廃城となっています。
十六沢城の「天正年間に廃城」は、この時が一番可能性が感じられます。

それにしても、なぜ「戸沢三十五城」が廃城になったのか・・・
小田原で戸沢盛安が25歳で世を去った事と関係あるのかないのか。
「にわか」戸沢キチの短い苦悩は始まったばかりです。


所在地:秋田県大仙市豊岡十六沢 GPSログダウンロードページ

秋田県の城跡/なぽのホームページを表示