大鳥井柵/秋田県横手市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

大鳥井柵は出羽の覇者・清原氏により築かれた防御施設でした。
訪問日は2017年8月8日です。

大鳥井柵【1】

大鳥井柵跡は現在、大部分が大鳥公園となっています。
その駐車場に、とても素晴らしい説明板があります合格

大鳥井柵【2】
拡大表示

左上にある白黒っぽい図が、大鳥井柵の遺構の分布を表す図です。
大きく載せたかったので方位が欠けましたが、右が北です。
発掘されたところをメインに、堀と土塁があった場所が示されています。

大鳥井柵【3】
拡大表示

そのすぐ下にあるのが、大鳥公園の案内図です。
上の図を見ると遺構がかなり残っていそうだと期待しましたが・・・
この図を見て、その淡い期待が打ち砕かれました(´;ω;`)
しかし、この図のおかげでどこを見るべきなのかが絞れます。
目指すは図の左端にある大鳥井山です。

大鳥井柵【4】

大鳥井山の北側には、こんな感じで山裾に帯曲輪状になった所があります。
ここにある説明板は「大鳥井遺跡大鳥井山東部」の説明板です。
この説明板には、二重の堀・土塁や発掘時の事が記されています。

大鳥井柵【5】

上から見た横堀ですラブラブ

大鳥井柵【6】

大鳥井山は緩い尾根をまっすぐ登って行く感じです。
ここら辺が十三塚と呼ばれ段々になってる、、、っぽいです。
・・・と思って撮った1枚です。

大鳥井柵【8】

頂上には大鳥井山神社があります。
創建は江戸時代だそうで、祭神は月夜見大神だそうです。
どんな神様なんだろう?とちょっと調べましたが、よくわからずあせる
姉が天照大神、弟が素戔鳴尊らしいです。
『古事記』では「月読命」、『日本書記』では「月夜見命」と表記。
文字違いかと思ったら、伊勢神宮には月夜見宮と月読宮があるそうです。
・・・興味のある方はコチラへ!(リンクはありませんw)

大鳥井柵【9】
拡大表示

社殿の前に説明板があり、そこに描かれている図を拝借。
発掘調査の結果、平安時代の掘立建物の柱跡や堀などが見つかったそうです。

大鳥井柵【10】

そして、大鳥井山の南南東に、横手城が見えます。
戦国時代には小野寺氏が本拠としましたが、築城時期がわかっていません。
大鳥井柵に立て籠もる清原軍と対峙するにはうってつけにも見えますが・・・
城キチの妄想は、今宵も果てしなく広がるばかりですあせる


◆歴史◆

平安時代に清原光頼が築いたとされます。

清原光頼は清原氏当主です。
前九年の役(1051-62)では当初、どちらにも味方せず中立でした。
しかし、源頼義が出羽の清原光頼を味方にする事に成功。
清原光頼は弟・武則を派遣し、安部氏を滅ぼしました。
安部氏滅亡後、清原武則が当主となり陸奥へ移りました。
清原光頼・頼遠父子は出羽に留まり、大鳥井柵を居城としました。

清原家関係図

清原家は武則→武貞→真衡の順に当主となりました。
清原真衡が桓武平氏出身の養子に源氏の娘を嫁に迎えました。
・・・長くなりそうなので、ザックリ書いてみました。

ザックリ後三年

1083年、清原真衡が吉彦秀武を討伐。
吉彦秀武は、清原真衡と仲の悪い清原清衡・家衡を味方につけました。
戦いは清原真衡が両者を圧倒し、清衡・家衡兄弟は降伏しました。
しかし、清原真衡が出羽へ出陣してすぐに急死。
清原真衡の遺領は、源義家の裁定で清衡・家衡に半分ずつ与えられました。
清原真衡の跡継ぎ・清原成衡の消息は不明です。

1086年、この領地配分に不満を募らせていた清原家衡が爆発。
不意に清原清衡の館を襲い、妻子一族の多くが討たれました。
源義家は清原清衡に味方しましたが、清原家衡が勝利しました。
叔父の清原武衡は「源氏に勝ったのは武門の誉れ」と、家衡につきました。

1087年、落城しました

1087年、清原清衡・源義家は態勢を整え、清原家衡を攻めました。
清原家衡は、難攻不落を誇る金沢柵に籠城しました。
これに対し、清原清衡らは金沢柵を包囲し兵糧攻めにしました。
食糧の尽きた金沢柵は落城し、清原家衡は処刑されました。
大鳥井柵も落城・焼失し、大鳥山頼遠も捕らえられ処刑されています。
大鳥山頼遠の領地は、藤原清衡の三男・小館正衡に与えられました。
小館正衡は大鳥井柵跡に関根柵を築き、山北三郡を治めたとされます。

ただし、江戸時代までは人の手が加わった形跡が無いそうです。
(大鳥井山神社は江戸時代に創建されています)
城としてはこの時に終わっていた可能性が高そうです。


所在地:秋田県横手市大鳥町・新坂町(大鳥公園)

秋田県の城跡/なぽのホームページを表示