三梨城/秋田県湯沢市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

三梨城は、稲庭小野寺氏の庶流・三梨氏の城でした。
訪問日は2017年8月9日です。

三梨城【1】

城跡は国道沿いの住宅街の背後にあり、駐車場はありません。
安心して停められるとすれば、バス停の余白部分の空き地しかありません。

三梨城【2】

わかりやすい城跡への入口は、バス停から道を渡り斜めの脇道に入った所です。
下の地図では、南の方から東へ入っている所がココです。
ここは神社なので、まっすぐ入っても大丈夫です。

三梨城【3】

神社の背後には城塁が迫っています。
何とかこの上に上がりたい・・・
でも、上がるだけなら出来ますが、それでは構造がわかりません。
なんとかかつての導線に従って移動したいものです。

三梨城【4】

左右を見ると、こんな感じで帯曲輪となっています。

三梨城【5】

どっちがいいのかよくわかりませんでしたが、とりあえず右へ。

三梨城【6】

広い所に出ました。
曲輪かもしれませんが、草原にも見えます。
たぶん、世間的には後者ですね・・・クローバー

三梨城【7】

ここは土塁や堀、虎口もあるらしいので、それらを探してウロウロ。
とりあえず進めそうだったこっちへ。

三梨城【8】

全般的に地形は平らだったので、それはそれで曲輪の可能性大です。

三梨城【9】

先へ進むとこんな所もありました。
土塁っぽいですが、よく覚えていませんあせる

三梨城【10】

次の写真が、再び帯曲輪を進んだようで・・・

三梨城【11】

その先の平坦地に出ました。
どうやらここは果樹園っぽいです。
木は殆ど無いのに、草が刈られているちょっと謎な空間です。
右側に上がっていけそうな感じの道が見えますが・・・

三梨城【12】

そちらには行かず、虎口っぽい所から外に出たようです。
・・・ここの記憶は「とにかく草クローバー」しかありませんあせる

三梨城【13】

虎口から外に出ると、未舗装の車道に出ました。
実はこの道、城跡への入口がこっちにあると最初に行き来した道でした。
車で走りながら入口を探したもののわからず。
それで一番上の神社から探索したのでした。

三梨城【14】

道に出ちゃったのでUターン。
この時に道から見えたのが、こんな感じです。
よ~く見れば、入っていく道が見えるという感じです。

三梨城【15】

じゃぁ今度は、とさっきそれっぽいと感じた所を上がって見えた光景です。
一面草野原で、躊躇って虎口を出た理由がわかる気がします。
でも、虎口の外は×だった今、残る選択肢はこっちだけ。
こう見えて意外と草の丈は低いので、靴を濡らしながら突撃です。

三梨城【16】

進んでみると、土塁らしき土の壁がありましたラブラブ

三梨城【17】

さらに進むと開けた場所があり、石宮が鎮座していました。
これが主郭の目印の八幡宮・真山宮です。
お宮は2つですが、1つの祠に並んでそう彫られています。

三梨城【18】

とりあえず主郭に辿り着けたことに安堵し、さぁ次へ!と脱出。
草深い所を通ったので道など無く、元来た方へ戻ろうとしました。
しかし、元とは違う方向にこれが見えたので、つい本能的に釣られました。
パッと見ただけでわかる虎口ですラブラブ

三梨城【19】

その下には、草の無い綺麗な平地があり、腰曲輪だったようです。
ここも果樹園っぽいですが、大丈夫そうな感じなので下りました。

三梨城【20】

虎口を振り返って見た所です。
ちょっとわかりにくいですねクローバー

三梨城【21】

下りていくと、もう1つ虎口があります。

三梨城【22】

ここも下から見ると、周りの草木に埋もれて目立ちません。
が、こっちが大手口だったそうです。

三梨城【24】改

そのまま下りてきて出たのがココです。
逆引きで、ココから攻めれば効率的に本丸に辿り着けます。
私は真夏だったので草深かったので、草の無い時期がおススメです。


◆歴史◆

小野寺晴道の三男・道実により築かれました。

小野寺晴道は、小野寺稙道の弟で、一時期小野寺家当主代行でした。
時期は1546~50年頃で、小野寺輝道が京から戻ると稲庭へ移りました。
以後、小野寺晴道の系統が稲庭城を居城とします。
その小野寺晴道の三男が三梨城を築いたので、この時期と思われます。

3代目で三梨道実の孫・道嗣が、陸奥国和賀郡へ移りました。
陸奥国というと遠くに感じますが、和賀郡は雄勝郡の東隣にあります。
時期や理由、どこへ行きどうなったのか、全っ然わかりませんあせる
小野寺輝道は1573年から数年間、和賀義忠と戦っていました。
戦は一進一退の攻防を繰り返すものの、一向に決着が付かず。
最終的には和睦し、お互いに人質を出し合ったそうです。
・・・関係あるのかどうかは???ですあせる

その次に城主となったのが、小笠原道英です。
娘の嫁ぎ先が、稲庭城最後の城主・小野寺道勝です。
どんな人物だったのかはよくわかりませんが、城を枕に討死しています。

1596年4月、最上家臣・鮭延秀綱が三梨城を包囲しました。
稲庭城を攻め落とした軍勢も加わり、三梨城への攻撃は激しさを増しました。
その兵力は約2000人だったそうです。
小笠原道英は兵200人を率い、大手口の最上勢を突破。
そのまま鮭延秀綱の陣に突撃し、壮絶な討死を遂げました。
城主討死後に本丸から火の手が上がり、城は焼失。
焼け跡では、約100名が自害して果てていたそうです。

稲庭城が間もなく廃城となっており、三梨城も廃城になったと思われます。


所在地:秋田県湯沢市三梨町下宿

秋田県の城跡/なぽのホームページを表示