新田目城/山形県酒田市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

新田目城は出羽国留守職のお城でした。
訪問日は2016年8月6日です。

新田目城【1】

住宅街にある城跡ですが、北側の水堀が一部残っています。

新田目城【2】

その真ん中に鳥居があり、奥に祠が見えています。
これによく似た光景、最近どこかで見たような・・・w

新田目城【3】

城内は境内となっており、大物忌神社があります。
本楯大物忌神社というのが正式なようです。
大物忌神社は鳥海山に宿る神とされ、山頂に出羽国一宮があります。

新田目城【4】

境内の堀側です。
こうして見ると、結構広い幅で地面が少しだけ盛り上がっています。
かつては分厚い土塁があったと思われます。

新田目城【5】

ぐるっと回って、境内の一番奥側(南側)です。
こちら側にも土塁の名残が見て取れます。

新田目城【6】

その外側です。
すぐ近くまで住宅街が迫っていますが、城塁の外側が窪んでいます。
堀跡ですねラブラブ

新田目城【7】

そのまま時計回りに進むと、西側に広い芝生があります。
奥に土盛りが見えますが、公園造成で出来たもののように見えます。

新田目城【8】

この公園の入口は、北西のここです。
建物は酒田市北部農民センターで、入口に銅像があります。
甲冑姿ではなかったのでスルーしてしまいましたが、きっと偉い方ですあせる


◆歴史◆

出羽国留守職・首藤氏が築いたとされます。

1062年、源義家が首藤資清を出羽国留守職としました。
留守職は国司が遥任の場合、現地で国司の代行を務めます。
首藤資清は「首藤助清」とも表記され、子孫には山内一豊がいます。
源義家は前九年の役で、奥州の覇者・安部氏を滅ぼしました。
戦後、京へ帰還する際に出羽での事後処理を託したのが首藤資清です。
(当時の出羽守は源義家でした)
この時に城輪柵の近所に築かれた国府留守所が、新田目城の始まりです。
首藤氏はその後、源義家が介入した後三年の役にも登場します。
子孫は鎌倉時代に、新田目城の本留守殿と北目楯の新留守殿に分かれます。
本留守殿は須藤姓や留守姓を名乗り、大物忌神社領1万石の領主となります。

明応年間(1492-1501)に中興しています

「中興」は「衰退したり途絶えたものが復興する」という意味です。
なので、一度滅ぼされたか、滅びかけたという事だと思います。
その中興初代の留守遠江守は、大宝寺政氏に仕えています。
川北ではこの頃、大宝寺氏が東禅寺城を築いて砂越氏雄と争っていました。
留守氏は砂越氏に味方して、そのトバッチリを喰らったのかもしれません。
以後の留守遠江守は、4代目まで大宝寺氏に従っているようです。

1583年以降は、最上氏寄りとなります。

前森蔵人が謀反を起こし、大宝寺義氏が自害しました。
留守氏は尾浦城救援に出陣したものの、間に合わなかったそうです。
大宝寺義氏の自害後は、東禅寺義長に従ったようですが・・・
東禅寺義長が大宝寺義興と争った際は、大宝寺側に味方しました。
そのため東禅寺軍に攻められ、一門の今井兵庫が討ち取られました。
その後は再び東禅寺義長に従ったようです。

留守氏は最上家と上杉家に翻弄されました。

東禅寺義長は最上義光の援軍を得て、1587年に大宝寺義興を討ちました。
翌1588年、大宝寺義勝が実父・本庄繁長とともに逆襲。
本庄繁長率いる上杉軍が庄内へ侵攻しました。
5代目の留守遠江守は尾浦城に籠城したものの、東禅寺義長は討死。
留守遠江守は上杉家に降り、東禅寺城に入った甘糟景継に従います。
この頃には留守姓ではなく「今井殿」と呼ばれていました。

1600年、慶長出羽合戦では、志駄義秀が指揮する上杉軍として参戦。
六十里越街道から最上領へ攻め込み、白岩城攻略に貢献しました。
しかし、関ヶ原で西軍が敗れたため、上杉軍は最上領から撤退。
1601年、最上軍が庄内へ攻め込むと東禅寺城に籠りました。
しかし、東禅寺城主の志駄義秀が米沢へ撤退したため開城。
留守遠江守は帰農し、本楯村の肝煎や大組頭を代々務めました。
この頃に新田目城は廃城になったと思われます。


所在地:山形県酒田市本楯新田目(本楯大物忌神社)

山形県の城跡/なぽのホームページを表示