鮭延城/山形県真室川町 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

鮭延城は別名・真室城とも呼ばれた境目の城でした。
訪問日は2016年8月6日です。

鮭延城【1】

鮭延城への入口は、踏切を渡ってすぐの所にあります。
道端には「鮭延城搦手門跡」と書かれた標柱が立っています。
ちょっと下過ぎないかと思いますが、この先に搦手の標示はありません。
ここが門のあった場所なのでしょうか?

鮭延城【2】

搦手門跡から登ると、6分で堀切が見えました恋の矢

鮭延城【3】

堀切の手前には、帯曲輪があります。
帯曲輪は主郭を囲んでいましたが、現在は北側の一部が失われています。

鮭延城【4】

堀切の底を進むと、開けた道が北に向かって続きます。
現状は藪の中に道が通されていますが、既に城内に入っていますクローバー

鮭延城【6】

東側から回り込む感じで進むと、大手門跡に辿り着きます。

鮭延城【5】

大手門の所で段差になっています。

鮭延城【8】

大手門跡から見た主郭です。
大手門の内側も藪になっていますが、見やすいよう草が刈られています。

鮭延城【9】図
拡大表示

主郭入口にある案内図です。
藪が開けた入口だったのですが、図ではかなり先端部ですw

鮭延城【10】

案内図の所から見た主郭です。
すぐ先に断崖への落下防止のためのフェンスが見えます。
草が刈られている範囲しか見えないためか、とても狭く見えます。

鮭延城【11】

城址碑ですラブラブラブラブラブラブ

鮭延城【12】

搦手門からの登城路は、城跡の真ん中に上がって来る道でした。
なので、今度は付け根側を見に薬師堂側へ。

鮭延城【13】

そっち方向へ進むと、間もなく堀切が現れます恋の矢

鮭延城【14】

引いて見るとこんな感じです。
向こう側にももう2本あり、三重堀となっています。
・・・が、1本目しか見ていませんあせるあせるあせる


◆歴史◆

永禄年間(1558-70)に佐々木貞綱により築かれました。

佐々木氏は近江源氏で、佐々木綱村の時に出羽へ移って来たそうです。
その時期は、応仁の乱の頃と考えられています。
・・・頑張ってググると出てきますw
気になり調べると近江の鯰江に居たそうで、六角氏に仕えていました。
鯰江氏は六角氏の一門で、子孫には毛利高政がいます。
毛利高政は九州で角牟礼城清水山城佐伯城を築いた武将です。
鯰江城探すのが大変だったのを思い出し、つい横道に逸れましたあせるあせるあせる
出羽に来た一族の事は触れられていませんが・・・

出羽に移った佐々木綱村は、雄勝郡を支配する小野寺氏の客将となりました。
小野寺氏から湯沢城の南にあった関口城を任され、関口姓を名乗ります。
天文年間(1532-55)に、小野寺景道は南の最上郡へ勢力を拡大。
この頃に関口氏の一族・佐々木貞綱を岩鼻館に配置しました。
岩鼻館があったのは南の最上川沿いで、だいたいこの辺り(地図)です。

しかし、1563年に庄内の大宝寺義増に攻められ落城。
和睦の条件で岩鼻館周辺を大宝寺義増に奪われ、少し北へ後退しました。
この時に新たに築いた山城が鮭延城で、鮭延姓を名乗るようになりました。
当時の大宝寺氏・小野寺氏と鮭延氏の関係がいまいち???ですが・・・
和睦後にあった事を整理すると、
・佐々木貞綱の子・秀綱が、大宝寺義増への人質となる
・小野寺景道が佐々木貞綱の妹を側室に迎えている
尚、小野寺景道はこの17年前、大宝寺義増に助けられています。
この2年後、大宝寺義増は最上家の清水城を攻めています。
これは一城キチの想像ですが・・・
・大宝寺義増が最上領を攻めるに当たり、佐々木貞綱に協力を要請
・佐々木貞綱が大宝寺義増の要請を何かの理由で断る
・大宝寺軍が攻め落とし、小野寺景道が仲裁
といった感じなのかもしれません。

1581年、最上義光に攻められました。

最上義光が家中を統一し、勢力拡大に乗り出した時期です。
当時16歳だった鮭延秀綱は、最上軍を相手によく守りました。
しかし、最上義光の懐刀・氏家守棟が鮭延家重臣の庭月広綱を調略。
不利を悟った鮭延秀綱は、最上義光に降伏したと考えられています。
以後の鮭延秀綱は、最上軍による小野寺領侵攻の先鋒として活躍します。
1600年の慶長出羽合戦では、長谷堂城で副将格として上杉軍と対陣。
直江兼続に「鮭延が武勇、信玄・謙信にも覚えなし」と言わしめています。

1622年、戸沢政盛が城主となりました。

最上家が御家騒動で改易されたため、鮭延秀綱も城を失いました。
鮭延秀綱は佐倉藩主・土井利勝預かりの身となり、下総へ移りました。
最上領の内、最上郡と村山郡が戸沢政盛に与えられて鮭延城に入りました。

1625年、廃城となりました。

戸沢政盛が新たに新庄城を築いて移ったため、鮭延城は廃城となりました。
山城で不便だったのと、手狭な事が理由だったようです。


所在地:山形県最上郡真室川町大字内町

山形県の城跡/なぽのホームページを表示