姫松館/宮城県栗原市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

姫松館は、ガッツリ系の土の城です。
訪問日は2017年5月6日です。

姫松館【1】

姫松館は真坂館のすぐ東にありました。
真坂館跡にある龍雲寺に入る道の反対側が、姫松館への道です。

姫松館【2】

道の反対側に見えた、姫松館の案内ですラブラブ

姫松館【3】

車でそのまま入口にある曲輪まで乗って行けます。

姫松館【4】

いきなり横堀になりそうな感じと

姫松館【5】

横堀とが視界に飛び込んで来ます。

姫松館【6】

まだココですw

姫松館【7】

上の四阿のある曲輪に案内図があります。

姫松館【8】

ザックリな感じですけどw

姫松館【9】

まぁでも、1分でいきなり二重堀切が現れますラブラブ

姫松館【10】

その先にある虎口さん

姫松館【11】

その脇にある横堀さん

姫松館【12】

ズームの広角側でも収まらなかったので、iPhone様でパノラマ撮りました^^

姫松館【13】

虎口さんを上がると、右奥に向かって長い曲輪があります。
下の地図で、真下に向かって伸びている赤い線がこの曲輪です。

姫松館【14】

細長い曲輪の右側(西側)にだけ土塁が連なっています。
西側からの攻撃に備えた構造のようです。

姫松館【15】

その先端部に、断崖の標柱があります。
城跡で断崖というと暗~い逸話ばかりですが・・・
ここのはそうでもありません。
後ほどゆっくりラブラブ

姫松館【16】

南側の細長い曲輪を先端から振り返るとこんな感じです。

姫松館【17】

細長い曲輪の付け根にある横堀です。
駐車場から1分で現れた虎口の左脇にいた子です。
次は、ここを右に曲がります。
虎口から見るとまっすぐ方向です。

姫松館【19】

東へ向かって、細長い構造になっています。
回れ右してすぐに虎口と堀切があります。

姫松館【20】

堀切だと思っていたのは、先ほどの横堀さんでしたあせる

姫松館【21】

東側は、堀切を土橋で渡るような感じの繰り返しになります。

姫松館【22】

ここからしばらくは、城跡の光景をお楽しみ下さいラブラブ

姫松館【23】

姫松館【24】

姫松館【25】

姫松館【26】

姫松館【27】

だいぶ東の方まで進みました。
まだまだ終わりそうにありません。
宮城県ではかなりオススメの城跡の一つです。


◆歴史◆

奥州藤原家臣・湯山雅楽充の城と伝わります。

史料によっては「井山雅楽之丞」とも表記されます。
1190年、奥州藤原家の旧臣・大河兼任が出羽で挙兵しました。
その勢いは凄まじく、出羽から津軽を経て平泉を占拠する程でした。
その軍勢が、姫松館で鎌倉からの討伐軍を迎え撃ちました。
ここで奥州残党軍は敗れ、逃れた大河兼任は木こりに討たれました。
尚、この落城の際に、千代姫が崖から傘をさして逃げ延びたと伝わります。
察するに、ここの名前はこの伝承に由来しそうな感じです。

ここの城主・湯山雅楽充は源頼朝軍に降伏し、以後は関東に移りました。
移った先は上総国で、大崎の足利氏に仕えました。
これが後の大崎氏で、斯波家兼に従って奥州に戻って来ました。
ただし、居城としたのは大崎市の湯山城で、ココではありません。

構造が平安時代っぽくないので、戦国時代まで使われたかもしれません。
そうなると、真坂館を本拠とした狩野氏の城だった可能性があります。
狩野氏は源頼朝に従い、1190年にこの辺り一帯の地頭となりました。
もともとが伊豆の武士なので、いつ移って来たのかが不明確です。
確かな所では、斯波家兼とともに狩野詮真が奥州に来ています。
狩野氏は、真坂館を本拠として一迫川流域各地に一族を配しました。
戦国時代には主家の大崎家から養子を迎える重臣でした。
真坂館はそんな家柄には似合わない小さな城でした。
もしかしたら、姫松館を詰城として整備した可能性があるかもしれません。


所在地:宮城県栗原市一迫真坂字寺東(姫松城址公園)

宮城県の城跡/なぽのホームページを表示