大窪城/宮城県大郷町 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

大窪城は伊達一門・大松沢氏の城でした。
訪問日は2017年8月5日です。

【1】大窪城

大窪城跡への入口は、県道16号沿いにこの石碑があります合格
現地ではこの右側にもう1本道があり、どっちだ?となりますが・・・
左の道を進んで下さい。

【2】大窪城

道の突き当りが城跡で、駐車場があります。

【3】大窪城

駐車場から奥へ進むと、入口が土橋になっています。

【4】大窪城

土橋の両脇は、もちろん堀がありますラブラブ

【5】大窪城

堀を越えた所にある平坦地が二郭、左奥の高い所が主郭です。

【6】大窪城

土橋を渡ってすぐ左に、八幡神社があります。
堀の脇の土盛りにあり、堀沿いにはこのような土塁があったようです。
往時は入口を守る番所的なものがあったのでしょうか。

【7】大窪城

主郭を真正面に入れて撮ってみました。
真ん中にある白い板が、私に手招きしています恋の矢

【8】大窪城
拡大表示

手招きしていた白い板は、城跡の略図でした。
略図とありますが、かなり見やすいです。
変にゴチャゴチャになるより、スッキリして見やすいです合格

【9】大窪城

主郭へは、略図の背後にある斜めの坂道を上がります。

【10】大窪城

主郭は、真ん中に四阿があります。
とてもよく手入れされており、真夏なのに草丈がありません。

【11】大窪城

主郭の一番奥からは、眼下に帯曲輪が見えました。
その中に何やら石碑がチョコンと見えました。
気になる・・・

【12】大窪城

ということで、主郭の裏側へ行きました。
主郭から下りていく道が無かったので、二郭から主郭脇を進みました。
少しだけ草深いですが、苦も無く歩ける程度でした。

【13】大窪城

主郭の裏側です。
上から見えた石碑には「通用門跡」と彫られていました。
お城用語では「搦手門跡」ということでしょうか。

【14】大窪城

なんとなくですが、深い木々の中を密かに抜け出せそうな感じですクローバー


◆歴史◆

宮沢氏の城でした。

宮沢氏は、伊達家初代・伊達朝宗に仕えた飯田吉実を祖とします。
伊達家一族の家格を許され、伊達郡宮沢を与えられ宮沢姓を名乗りました。
宮沢時実の代に大松沢の地を与えられ、移って来ました。

年代は不詳ですが、1400年代終わり頃から1500年代始め頃とされます。
時期的には伊達尚宗か伊達稙宗の頃とされます。
大崎氏、葛西氏ともに内紛が続き、伊達氏が影響力を強めた時期です。

葛西家ではこの頃にゴタゴタがありました。
1483年、葛西家当主・葛西尚信が若くして世を去りました。
実はこれ、後見役だった叔父・葛西政信による毒殺でした。
兄の家系を絶やして家督を奪う算段でしたが・・・
伊達家から伊達尚宗の弟・宗清が養子に迎えられました。
葛西宗清が家督を継ぐと、葛西政信と激しく争うようになりました。
おそらく、嫡流派が葛西宗清を担ぎ、葛西政信と激突したものと思われます。
両者の戦いの結末が不明確ですが、次の家督は葛西政信の子が継いでいます。

大崎家でもゴタゴタがありました。
1488年、大崎義兼は伊達尚宗から援軍を借りて内紛を収めています。
大崎義兼は当主としての器量がかなり危うげな人物でした。
そのため、伊達尚宗、伊達稙宗らがツケ入る隙がかなりあったようです。
その大崎義兼が1529年に没し、子の大崎高兼も1年で没しました。
大崎家はかなり不安定な時期でした。

大窪城のあった大松沢は、大崎家と葛西家の境目に位置します。
ここに宮沢時実が配置されたのは、伊達家が両家を牽制するためでした。
周辺では大崎家と葛西家の争いが絶えない不安定な地域でした。
しかし、宮沢氏は大松沢の地を一度も奪われず守り切りました。

宮沢元実が大松沢姓を名乗るようになりました。

宮沢元実は伊達政宗の時代の人物です。
対大崎軍・対相馬軍との戦では、常に伊達軍の先陣を務めた勇士です。
朝鮮出兵後に、伊達政宗から地名の大松沢を名乗るよう命じられました。
これを機に、改めて伊達一族の家格に列せられています。
以後、明治時代に至るまで、大松沢氏が大窪城を居城としました。


所在地:宮城県黒川郡大郷町大松沢字論山 GPSログダウンロードページ

宮城県の城跡/なぽのホームページを表示