花楯城/宮城県大郷町 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
花楯城は大楯城・小館丸館と連なる曲輪の1つです。
訪問日は2017年8月5日です。

【1】花楯城

3つの曲輪の内、内部を見ることが出来たのが花楯城の標柱の所でした。
その入口がココです。
よく反対側から紹介されますので、切通し側からの写真を載せます。
ただ、実はちょっとややこしく、花楯城の標柱はその入口を示したものです。
この入口から登った所は大楯城の曲輪で、花楯城はその先です。
・・・と、帰ってきてから知りましたあせる
なので、この堀切は大楯城の2つの曲輪を隔てているものです。

3つの曲輪はそれぞれ名前がありますが、まとめた総称があったはずです。
迷いましたが、タイトルは標柱どおり「花楯城」としました。

【2】花楯城

こちらが入口としてよく紹介されている階段です。
階段脇の白い標柱に「花楯城」と書かれています。

【3】花楯城

1つ目の階段を上がると、平坦な曲輪があります。
奥に階段がありますが、これは大きな土塁に付けられています。

【4】花楯城

2つ目の階段を登り切った所にある曲輪です。
訪問当時に花楯城だと勘違いした、大楯城の二郭です。
花楯城はこの奥の堀切の先にある曲輪なのだそうですあせる

【6】花楯城

もちろん、大楯城と小館丸館も見に行きました。
大楯城の花楯城側は断崖絶壁で、とても入れそうにありません。
大楯城の城塁に沿って回り込んだ反対側に、大楯城の標柱があります。
この切通しは、小館丸館と大楯城を隔てた堀切の跡です。

【7】花楯城

上の写真で車の後ろに写っている大楯城の標柱です。
せっかくなので内部を見たかったのですが・・・
見た感じ私有地っぽく、入るのが躊躇われ入っていません。

【8】花楯城

もう1つの曲輪である小館丸館の標柱が、道の反対側にあります。
この中に写っていますが、わかりますか?

【9】花楯城

できるだけ葉っぱを掻き分けて撮りました。
こちらは入っていく道すらわかりませんでした。


◆歴史◆

天文年間(1532~55年の間)に金沢長門守が城主でした。

花楯城でわかっているのはこれだけです。
「金沢」は「かざわ」と読みます。
金沢長門守が葛西一族であることしかわかりませんでしたあせる

・・・という事で、周辺の状況を探りました。

天文と言えば、1542年から6年間続いた天文の乱がありました。
この辺りは葛西氏、黒川氏、大崎氏の勢力境です。
天文の乱で各氏は伊達稙宗派、伊達晴宗派に分かれて争っていました。
この辺りは勢力境と先ほど書きましたが・・・
・すぐ西の黒川景氏は伊達稙宗派
・すぐ北の千石城の遠藤光定、不動堂城の大崎義宣も伊達稙宗派
・すぐ東の石巻の葛西晴清も伊達稙宗派
・金沢氏当主の金沢胤正も伊達稙宗派でした。
 ただし、金沢氏の本拠は岩手県一関市なので、かなり距離があります。

という事で、周りはガッツリ伊達稙宗派で囲まれています。
おそらく、花楯城の金沢長門守も伊達稙宗派だったと推測されます。

彼らの状況を時系列に並べると・・・
・1544年、金沢胤正が葛西高信(のちの晴胤)に討たれた
・1547年、葛西晴清が他界(戦死ではなさそう)
・1550年、大崎義宣が逃亡中、大崎義直に殺される
といった感じで、伊達稙宗派だった勢力が乱の進行とともに消えています。
ただし、黒川景氏だけは天文の乱後も健在でした。

という事で、金沢長門守も無事では済まなさそうな状況でした。


所在地:宮城県黒川郡大郷町山崎

宮城県の城跡/なぽのホームページを表示