中島館/宮城県山元町 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

中島館は、国道6号線沿いにある居館跡です。
訪問日は2017年8月5日です。

【1】中島館

中島館跡は、国道6号線沿いにあります。
車を停めた場所からはこんな風に見えます。
中央の道路標識の所に「脇見注意」と貼ってあります。
城キチは気を付けましょうという事でしょうか?w

【2】中島館

車は、居館跡入口から南に50メートル程の所に停めました。
元々は何かあったようで、その入口の舗装だけ残っています。

【3】中島館

国道脇にある入口です。
この白い標柱があり、とても助かりました合格

【4】中島館

入口からまっすぐ登ること2分で、堀跡に到達しました。
堀をまたぐ土橋があるように見えます。

【5】中島館

土橋から見た横堀です。
幅5メートル、深さ3メートル程ある立派なものです。

【6】中島館

土橋を渡ると、そこはもう館跡です。
円形の平地の真ん中に、標柱と説明板があります。

【7】中島館

一番奥まで進むと、真下に横堀が見えました。
どうやら館跡を一周囲んでいるようです。

【8】中島館

堀底に下りてみました。
やっぱり高いです^^
小高い丘の頂上なので、水は無かったと思いますが・・・
伝承通りなら平安時代の居館なので、どうだったんでしょう?

【9】中島館

端には土塁がありました。
・・・堀跡ではなく、帯曲輪だったのかも?
でも、入口は土橋ありましたし・・・
どっちなんでしょうね?


◆歴史◆

藤原経清の居館だったと伝わります。

藤原経清は、奥州藤原氏である藤原清衡の父親です。
藤原清衡といえば平泉ですが、かなり離れています。
なんで?と思いましたが、理由がありました。

藤原経清は元々は在京の貴族でしたが、陸奥に下向しました。
そこで土着し、安倍頼良の娘を娶っています。
安倍氏は源頼義と戦った前九年の役で敗れ、1062年に滅ぼされました。
この戦で藤原経清は安倍側として参戦しています。
源頼義は徴税に難航しましたが、これは藤原経清の策によるものでした。
戦後、源頼義は藤原経清の手腕を買って配下にしようとしましたが・・・
源頼義を「ブタw」と面罵したため、鋸曳きで処刑されました。

この処刑方法、大河ドラマ「炎立つ」を見て知ったのですが・・・
渡辺謙さんが土に埋められ、ボロボロの刀で斬首されるシーンでした。
この時に渡辺謙さんが演じていたのが藤原経清でした。

藤原経清には男児があり、本来なら処刑される筈でした。
この男児が、後の藤原清衡です。
母の美貌を惜しんだ源氏方の清原武貞が娶ったため、命拾いしました。
この先に色々と泥沼があり、最終的に生き残ったのが藤原清衡です。
調べ始めると面白かったのですが、長くなるので書きませんw


所在地:宮城県亘理郡山元町高瀬館下 GPSログダウンロードページ

宮城県の城跡/なぽのホームページを表示