蓑首城/宮城県山元町 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

蓑首城は江戸時代は坂元要害と呼ばれ、城跡に神社と小学校があります。
訪問日は2017年8月5日です。

【1】蓑首城

坂元小学校が見えるここは、すでに城内です。
右端に見える白い標柱には「みの首城」と書かれています。
小学生が通る道ですからねw
で、右側の草の生えている所が三の丸跡の土塁跡です。

【2】蓑首城

土塁跡には、土が盛られています。
本物はこんなに低くなかったと思いますが・・・
雰囲気は感じられますラブラブ

【3】蓑首城

ここに立派な四阿風の建物があります。
実はこれ、現存する大手門です。
元々は扉があったそうですが、大正時代に無くなったそうです。

【4】蓑首城

小学校前を通り過ぎ、一番奥が本丸のあった神社です。
その入口ですが、門の跡っぽい雰囲気がしっかりあります。

【5】蓑首城

本丸への登り口です。
お城の入口だけあって、まっすぐではありませんラブラブ

【8】蓑首城

本丸は坂元神社の境内で、かなり広いです。
あまりゴチャゴチャとしておらず、すっきりしています。
真ん中にある白い立て板は説明板です。

【7】蓑首城
拡大表示

その説明板に載っている図です。
入口は3か所ありますが、本来の入口はさっきの所っぽいです。
社殿の右側には、堀が2本描かれています。

【9】蓑首城

まずは社殿脇の堀から。
小さく描かれていますが、かなりの規模ですラブラブ

【10】蓑首城

小さい方の堀の奥には、けっこういい規模の土塁があります。

【11】蓑首城

土塁の裏には、かなり大きな堀がラブラブ
飛び降りたらタダでは済まない高さです。

【12】蓑首城

堀底に下りてみました。
駐車場脇から回り込めば、滑落しなくて済みますw
木々が茂って暗いので、真夏でも下草がありません。


◆歴史◆

1572年、坂本俊久により築かれました。

坂本氏は亘理氏の庶流です。
元々は内陸部の新城山城を居城としていました。
1570年に坂本隆俊が愛宕山城を築き居城を移しました。
しかし、翌年相馬軍に攻められ坂本隆俊が討死。
跡を継いだ坂本俊久は、愛宕山城が不吉として新たに城を築きました。
坂本氏は相馬氏と同族ですが、この時期は伊達輝宗に従っていました。

坂本俊久の子・定俊は、宗家である亘理重宗の娘を正室に迎えました。
宗家とはいっても、亘理重宗は伊達稙宗の孫ですw
1589年に伊達政宗が相馬家から新地城を奪うと、亘理家に与えました。
この新地城の城代に坂本定俊が任命されました。
新地城がなぜ「蓑首城」と呼ばれたのか、わかる気がしますw
1591年、亘理家が遠田郡涌谷城へ移ると、坂本定俊も遠田郡へ移りました。

城主がコロコロ代わりました。

坂本定俊が移った後、浜尾行泰が城主となり城を改修しました。
宿敵・相馬家がすぐ南におり、油断できない場所ですからねw

その次の城主は黒木宗俊です。
黒木宗俊は1580年に相馬家から伊達家に寝返った人です。
地理的にも元居た黒木城に近く、相馬家を警戒しての配置と思われます。

その次の城主は津田景康です。
津田景康は1595年に与えられた名で、元は湯目姓でした。
伊達政宗が豊臣秀次事件に巻き込まれた際、豊臣秀吉に直訴した人物です。
これが功を奏し、伊達政宗の処分を解くことに成功しました。
直訴をした場所が、伏見の津田が原という所だったそうです。
伊達家では奉行職に任じられましたが、孫が・・・w

1616年、大條宗綱が城主となりました。

1615年の一国一城令以降、伊達家では主要な城を「要害」と改名しました。
名前を変えただけで、中身は全く一緒ですw
蓑首城もこれに該当し、坂本要害に名を改めました。
大條氏は伊達一族で、南北朝時代の当主・伊達政宗の弟を祖とします。
以後、明治時代の1869年に廃城となるまで大條氏の居城となります。
坂本の地名は1644年に「坂元」に改められ、現在に至ります。
坂「本」氏が築いたのになぜ「元」?は、これが原因でした。


所在地:宮城県亘理郡山元町坂元館下(坂元神社・坂元小学校)

宮城県の城跡/なぽのホームページを表示