前田館/宮城県丸森町 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
前田館は、伊達軍の陣跡と伝わります。
訪問日は2017年5月3日です。

【1】前田館

前田館への道は、かな~り細い道です。
幸いにして近くに離合スペースがあります。
ちょっと長いので、端の方に停めさせてもらいました。

【2】前田館

離合帯の70メートル程下の道端に、前田館の標柱があります。
目印はオレンジ色のミラーです。
ストビューで見てみましたが、どちらも見当たりません。
2014年5月以降に設置されたということのようです。
どおりで真新しいハズですw

【3】前田館

標柱に矢印があり、そっちを見ると山中に入った痕跡があります。
その痕跡を辿ると、斜面を一直線に登る道があります。

【4】前田館

途中何段か横に入っていくような所がありますが、横堀のようです。
後でゆっくり見ることにして、先へ進みました。

【5】前田館

登り切った所に青い板があります。
そこには「前田の館跡」と書かれています。
道端からここまでの所要時間は3分でした。

【6】前田館

真っすぐ登って、平らな所があって終わり!じゃ、つまんないですよね?
なので、奥の藪を突っ切って雑木林に入ってみました。
すると、城塁に沿って窪んでいる横堀の跡を発見(*´▽`*)v

【7】前田館

城塁に思えたものは、実は土塁でした(*´▽`*)v

【8】前田館

横堀に囲まれている様子を堪能したので次へ・・・
行こうと思いましたが、離合帯のすぐ後ろのこの道が気になりました。
農道を作ろうとしてすぐに止めちゃった感のある道です。
気になったのは、このまま真っすぐ登ると城跡に着きそうだという事。
まだ暖かくなり切ってない東北のGW、ということで見てきました。

【9】前田館

車道を作ろうとした痕跡が、結構奥まで続いていました。
とりあえず行ける所まで痕跡を辿って登りました。

【10】前田館

真っすぐな痕跡が消えると、ただの雑木林になりましたが・・・
下草は無く、割と歩きやすかったです。
私が言っても説得力ありませんけどあせる
そんなこんなでも、横堀と土塁にぶつかりましたラブラブ

【11】前田館

そのまま辿って行ったら、主郭脇に出ました。
ということで、離合帯脇からも、主郭に行けます。
ただし、道は無いので、辿り着けるかどうかは貴方次第ですw


◆歴史◆

わかりません

標柱側面に「馬上10騎槍鉄砲150人組の陣地と推定」と書かれています。
更にググると、1600年に伊達政宗に協力した土豪がここに居たそうです。


所在地:宮城県伊具郡丸森町大張川張四十刈

宮城県の城跡/なぽのホームページを表示

なぽさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ