月見舘/福島県伊達市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
月見舘は相馬領との境を守る伊達家の城でした。
訪問日は2016年8月3日です。

【1】月見舘

月見舘跡には月見舘森林公園があります。
入口からズンズン進み、管理棟の前を通り過ぎて行きます。

【2】月見舘

舗装道が終わり、砂利道の真ん中にテーブルとイスが・・・
ここにバンガローがあり、車で進めるのはココまでです。

【3】月見舘

上の写真で奥にコッソリ写っているのがこれです。
ここからは徒歩で山の中に分け入って行きます。

【4】月見舘

上の写真の図です。
ザックリですが、これで十分。
東屋のある所が主郭です。

【5】月見舘

道はこんな感じで、真夏でも歩けます合格
右上に写っている建物は、道の分岐点にあるトイレです。

【6】月見舘

遠くから見た主郭です。
城塁を上がるための階段が付けられています。
下も広い腰曲輪になっています。

【7】月見舘

階段を上がり、東屋が見える所が主郭です。
主郭も少し段差があります。

【8】月見舘

主郭内部の様子です。
山の中にあるとは思えない広いスペース!
・・・と、山城を訪ねる度に思っていますw


◆歴史◆

伊達家臣・須田伯耆守の城でした。

築城年代は不明ですが、戦国時代は須田伯耆守の城でした。
『伊達世臣家譜』には源姓で須田伯耆守を祖とするとあります。
代々伯耆守を名乗ってたんですねw
伊達家譜代の家臣と書かれていますが、いつからなのかが?です。
という事で、詳しい出自はわかりません。

近くで源氏と言えば、すぐ北に懸田氏がいました。
懸田氏も源姓で、南北朝時代に北畠顕家の命により懸田城を築きました。
懸田城は月見舘から約6km北にありました。
北畠家が拠点とした霊山城の近所で、側近だったのかもしれません。

懸田氏は天文の乱(1542-48)では、伊達稙宗に味方しました。
その乱終結の際に、懸田城の破却が和睦の条件とされました。
・・・伊達稙宗にとっても超重要人物だったんですね!
しかし、この条件を不服として再び挙兵し、伊達晴宗に滅ぼされました。
須田さん、懸田氏の一族だったんでしょうか?

1590年、伊達政宗を内部告発しました。

奥州仕置きの後、葛西氏や大崎氏の旧臣が蜂起し一揆を起こしました。
この一揆は伊達政宗が扇動したことが知られますが・・・
告発したのが、当時伊達家臣だった須田伯耆守でした。
豊臣秀吉は蒲生氏郷と伊達政宗に一揆の鎮圧を命じました。
この時、蒲生氏郷の元に須田伯耆守が現れ、伊達政宗の関与をチクりました。
須田伯耆守は身の安全を図るため、そのまま蒲生家に亡命しました。
そのため、伊達政宗は大坂に呼び出され、釈明する事となります。
釈明は成功したかに見えましたが・・・
一揆討伐後、伊達政宗は葛西・大崎両氏の旧領30万石を与えられました。
しかし、代わりに長井郡や信夫郡、伊達郡など44万石を没収されています。
これらの領地は蒲生氏郷に与えられ、須田伯耆守は月舘に復帰しました。

なぜ須田伯耆守はチクったのか・・・
1584年、伊達輝宗が没した際、先代の須田伯耆守が殉死しました。
しかし、須田家は相応には重用されず、不満を抱いたとする説があります。

1598年、廃城となりました。

1595年、蒲生氏郷が世を去りました。
ここから蒲生家の転落が始まります。
蒲生家は嫡男の蒲生秀行が継ぎましたが・・・
豊臣秀吉は、会津92万石から宇都宮18万石に減封しました。
その理由は今もって推測の域を出ず、有力家臣潰しの一環と見られます。
この時、蒲生領はそのまま上杉景勝の領地となりました。
須田伯耆守の消息は以後わからず、この時に廃城になったようです。


所在地:福島県伊達市月舘町月舘字月見舘山(月見舘森林公園)

福島県の城跡/なぽのホームページを表示

なぽさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ