大鳥城/福島市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
大鳥城は信夫郡司・佐藤氏の城でした。
訪問日は2016年8月3日です。

【1】大鳥城

城跡は現在、舘ノ山公園となっています。
ここは公園の西側にある矢庫との間の道です。
曲輪と曲輪の間であり、堀跡のようです。

【2】大鳥城

矢庫側の土塁上に、案内の標柱があります。
このすぐ脇から、矢庫の曲輪に入ることが出来ます。

【3】大鳥城

矢庫の曲輪内部の様子です。
名前の通りの用途だったようで、それ程広くはありません。
草木に覆われてわかりづらいのですが、土塁に囲まれています。
この奥に堀切があるそうなのですが・・・
藪の中だろうと諦め、見ていません。
ストビューで見たら、矢庫沿いの道を奥へ進むとよく見えます。
当時はまだ、ストビューは都会しか見られませんでしたからね・・・
やっちまいましたあせる

【4】大鳥城

矢庫と道を挟んで、大鳥城の主郭がありました。
内部は全面芝生張りで・・・どこかで見たのとソックリな光景ですw

【5】大鳥城

公園の片隅に、小さなお社と石碑が並んでありました。
これは大鳥神社で、佐藤基治と継信・忠信兄弟を祀っています。
お社が小さいのは、世を憚ったためでしょうか。

【6】大鳥城

主郭は外周を道路で囲まれています。
帯曲輪か横堀で囲まれていたのかもしれません。
そうでないかもしれませんが・・・わかりませんw
ここは公園の北側で、トイレのある駐車場です。

【7】大鳥城

ここに説明板があります。
駐車場の中ではなく、外の道沿いにありますw
通る車は少ないので、あんまり撥ねられる心配はありませんが・・・
設置場所はもうちょっと、ね♡


◆歴史◆

信夫佐藤氏の城でした。

築城時期は不明ですが、平安時代に信夫佐藤氏が居城としていました。
信夫佐藤氏は信夫郡司で、奥州藤原家に仕えていました。
しかしルーツは藤原秀郷で、左衛門尉の官職から佐藤姓となりました。
同族には、歌人・西行こと佐藤義清がいます。
ということで、元々は上方の武士だったようです。

1189年、鎌倉軍に攻められました。

平家を討伐した源頼朝は、腹違いの弟・源義経を討伐しました。
源義経は、若い頃に藤原秀衡を頼り、奥州に居ました。
その経緯は書き始めると長くなるので省きます。

源義経が兄・源頼朝を助けるため、鎌倉に行きました。
この時に付けられたのが、佐藤継信・忠信兄弟です。
2人とも義経四天王に数えられた剛の者です。
兄弟は信夫郡司で大鳥城主・佐藤基治の子でした。
佐藤継信は平家との屋島の戦で戦死。
佐藤忠信は源義経が追討令が出た際、吉野で陽動作戦を行い討たれました。

源頼朝は、藤原泰衡が源義経を匿っているとして、討伐しました。
鎌倉軍は3手に分かれ、本隊は中通りを進みました。
佐藤基治は石那坂の上に陣を構え、本隊を迎え撃ちました。
この時、鎌倉方として戦ったのが常陸入道念西です。
戦は鎌倉方が勝ち、大鳥城も落城。
佐藤基治は討ち取られたとも、戦後許されたとも伝わります。
だたし、領地は大幅に減らされ、伊達郡が没収されました。
その伊達郡は、伊達氏の祖・常陸入道念西の領地となりました。

大鳥城のその後はわかりませんが、佐藤基治の子が継いだと思われます。
南北朝時代には、12km南の大森で佐藤性妙が北朝方として活動しました。
佐藤性妙は佐藤基治の弟の子孫です。
大鳥城が宗家、大森に分家が居たという事かもしれません。
佐藤性妙は1352年以降、陸奥での記録が無くなります。
この頃に伊勢に移ったと考えられています。
城の構造からしても、この時期までには廃城になったと思われます。


所在地:福島市飯坂町舘ノ山(舘ノ山公園)

福島県の城跡/なぽのホームページを表示

なぽさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ