福田古館/福島県新地町 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
福田古館は白河結城氏が南北朝時代に築いた要塞です。
訪問日は2016年8月4日です。

【1】福田古舘

南側からの遠景です。
周囲を田んぼで囲まれた島状の高地にありました。
高さは民家の屋根と同じ位です。

【2】福田古舘

ここは駐車場が整備されています。
どこに停めようかと悩む心配がありません合格
駐車場は城跡の北側にあります。

【3】福田古舘

駐車場脇には、古舘公園の看板もあります。

【4】福田古舘

高さはそんなに無いのですが、周りには腰曲輪がいくつかあります。
沼沢地に囲まれた足場のしっかりした微高地は、守りやすそうです。

【5】福田古舘

主郭内部の様子です。
公園化で遊具が設置されたりしておらず、潰されてはいません。
ごく一部の人種にとっては、草が刈られているだけで立派な公園ですラブラブ

【6】福田古舘

ここには説明板まで設置されています。
城キチにとっては、こういう所がとても訪ねやすくてイイです^^


◆歴史◆

南北朝時代に白河結城氏により築かれました。

鎌倉幕府滅亡後、朝廷と足利氏が対立しました。
朝廷方は南朝と呼ばれ、東北地方では北畠顕家が絶大な勢力を誇りました。
この北畠顕家に従って活躍したのが結城宗広で、各地に領地を与えられます。
宇多郡は1335年に与えられ、家臣の黒木氏を配置しました。
・・・黒木氏って白河結城氏の家臣だったんですね(´ω`)
そのうえで、宇多郡北部を守るために築いたのが福田古館です。
ここには一族の武将を配置して守らせたそうです。

白河結城氏は1343年、南朝方から北朝方に鞍替えしました。
黒木氏もこの頃から相馬氏と同盟関係を結んでいます。
その後の様子がわからないので、この頃に廃城になったかもしれません。


所在地:福島県相馬郡新地町福田字西大窪(古舘公園)

福島県の城跡/なぽのホームページを表示

なぽさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ